洗濯方法

 

 

衣類の洗濯表示には、お手入れに関する追加情報が記載されていることがあります。一部の素材とアイテムについて、お手入れに役立つヒントをご紹介します。

 

付属品などのディテール
洗濯の前には、取り外し可能な付属品を外し、マジックテープとジッパーを閉じておきます。ディテールの施された、ナイロンのタイツやデリケートな衣類は、洗濯ネットに入れて洗います。

 

厚手のニット
型崩れを防ぐため、形を整えて平干しすることをお勧めします。厚手のニットに「平干し」と追加で表示されているのは型崩れの予防のためです。

 

リネン
リネンは天然素材で、濡れると簡単に型崩れしてしまいます。スチームアイロンを高温でかければ、本来の形に戻ります。光沢を保つために裏返しにしてアイロンをかけます。

 

ビスコース
ビスコースはセルロースから作られる化学繊維です、濡れると簡単に型崩れしてしまいます。スチームアイロンをかければ、簡単に本来の形に戻ります。

 

シルク
シルクは非常にデリケートな素材であるため、扱いには注意が必要です。洗濯時にはデリケート素材用の洗剤を使います。濡れた状態のシルク製品は引っ張らないでください。

 

ウール
ウール製品の場合、風に当てるだけで十分なことも多いものです。洗濯をする時には、デリケート素材用の洗剤を使い、ウール洗いまたは手洗いコースに設定して洗濯機で洗うか、あるいは手洗いをしてください。本来の光沢を取り戻すため、洗濯後にアイロンをかけます。

 

デニム
色落ちを少なくするには、裏表に返してジーンズを洗濯してください。しわにならないよう、洗濯が終わったらできるだけ早く洗濯機から取り出します。デニム独特の風合 いは、特殊な染色方法で生み出されたものです。そのため、生地表面に染料の細かい粒子が残っている場合があり、摩擦によって色落ちすることがあります。

 

レザー製品&スエード製品
レザー製品とスエード製品のクリーニングは、皮革製品の専門店に依頼しなければなりません。次の取扱表示に従ってお手入れしてください。

レザー製のシューズやバッグのお手入れには、靴クリームや防水スプレーをご使用ください。このシンプルなケアによりシューズやバッグの防水効果がアップし、長持ちするばかりでなく、汚れがつきにくくなります。

スエード製品やヌバック製品にはクリームではなく、防水スプレーをご使用ください。スエード製やヌバック製のシューズやバッグは、雨降りやじめじめした日に使用しますと、しみの原因となったり、製品の染料が落ちて持ち物につきやすくなりますので、使用を控えてください。シューズは脱いだ後にシューツリーを入れると、型崩れを防ぐことができます。靴のハイバックやヒールを保護するため、履くときには靴べらを使用してください。シューズの着脱の際には、必ず靴紐を解き、バックルを緩めてください。

 

ダウンジャケット
ダウン製品を乾かす時には、タンブラー乾燥機にテニスボールをいくつか入れると、ダウンが均等に行き渡ります。ダウン製品は必ず完全に乾かしてください。

 

レインウェア
レインウェアは絞らずに干すことをお勧めします。乾燥用戸棚を使用する場合には、低温に設定してください。 取扱説明書に従ってください。