3 old school skincare tricks you should try now

今トライするべき3つの伝統的なスキンケア

最新スキンケアのトレンドに関して言えば、昔ながらのものが新しい最新!

チャコール
そう、バーベキューに必須の炭だけど、美容面でも貴重な原料であることは何世紀にも渡って証明されています。 毒素やバクテリアを吸収することで知られており、炭の使用は紀元前1550年のエジプトまで遡ることができます。 炭を摂取するか、水をろ過すると、毒素が血流に達する前に炭が胃から毒素を取り除きます。スキンケアでも、ほぼ同じような働きをします。 チャコールマスク(またはソープ)は余分な皮脂を吸収して毛穴を引き締め、くすんだ肌を明るくして吹き出物を防ぎます。 汚れや不純物を引き付けて、あとは洗い流すだけでスッキリと輝く肌になります。 週に1、2回使うのがベスト。 それ以上は肌の水分を奪ってしまう可能性があり、(肌が)それを補うために、よりオイリーになってしまいます!


7スキン法
韓国発最新トレンドは、クレンジング後すぐにトナーやウォータリーエッセンスを7層重ねて(韓国ではこういうアイテムを「スキン」と呼ぶので「7スキン」)、ハリのある輝く肌にすること。 肌が実際に成分を吸収する前に、肌から蒸発したり表面だけにとどまったりすることがあります。 トナーやエッセンスを何度も重ねることで、保湿成分を肌がより吸収するようになります。 十分保湿されれば、肌細胞がより活発になり、より健康的な肌環境にすることが出来ます。 必ずアルコールフリーのものにしましょう。 クレンジング後、手で何層も重ね付けして(コットンでは重ね付けが面倒)、通常のルーティーンを続けます。 7回が多すぎると思ったら、トナーかエッセンスを2、3回から試してそこから増やします


ミセルウォーター
まだキツイ泡立つクレンザーを使ってる? 代わりに、アルコールフリーのミセルウォーターを試してみましょう。1世紀以上もフランス女性の定番でしたが、今や世界的なビューティーのマストハヴ。 1913年にイギリスの科学者が発見したミセルは、水中に浮遊する小さなオイルの球体。 ミセルが肌に接触すると、脂溶性の核が油分、汚れ、メイクを吸い込み、肌から不純物を吸引して、魔法のようにすべて分解してくれます。 肌は柔らかく潤い、水のように肌の弱酸性pHを乱すことはありません。 実際、ミセルウォーターは洗い流さなくてすむのが人気です(フェスのシーズンには重宝!)。 コットンにたっぷり取って顔を拭いますが、オイリーな部分の汚れを他に移さないように、まず頬から始めてTゾーンに進みます。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る