How to fix your winter beauty problems

冬のビューティー、お悩み解決法

髪の静電気、乾燥肌、涙目にサヨナラ

暖かいセーター、ホットチョコレート、スノーボード大好き。この季節が好きになるのも納得です。 とは言え、冬の乾燥肌は困りもの。 

一般的な思い込みとは違い、乾燥してかゆみの生じるカサカサ肌は、寒さのせいではなく空気が乾燥しているからです。 室内の暖房と屋外の湿度ゼロが相まって拍車がかかります。 事実、温度が頻繁に変化すると肌が混乱して乾燥、赤ら顔、吹き出物の原因になります。 

でも、水分と保護のゴールデンコンビでこれを防ぐことが出来ます。 

まずは周囲の乾燥を防ぎます。 加湿器は投資する価値があります。 夜間寝室に置いておくと、お出かけ前に良い肌の状態で一日をスタートできます。 家の中は暑すぎず暖かく保ち、寝る頃には低めの温度にします。 良質のブランケットは体を暖めて、夜間には自然に低めになる体温をキープしてくれます。 そして、低めの温度の方が環境にも優しいのです。 

一般的な思い込みとは違い、乾燥してかゆみの生じるカサカサ肌は、寒さのせいではなく空気が乾燥しているからです。

朝は洗顔したいでしょうが、そうするのはあまり良くはありません。 スッピンは外の寒さに反応して、ヒリヒリ感や紅潮を起こします。 代わりに、優しいトナーを使いましょう。 マストな保湿への準備にもなります。 日中は軽めのモイスチャライザーにして水分補給を高めます。 簡単なコツは、モイスチャライザーかファンデーションにフェイスオイルを数滴混ぜること。 更に肌を保護してくれるだけではなく美しいツヤも出ます。 

一日を通して(おそらく暖房にさらされて?)肌がかなり乾燥する場合は、保湿用フェイスミストでリフレッシュ。 カバー力の強いマットなファンデーションをBBクリームのような軽めのものに替えてみては。 より水分が多く、乾燥する成分が少ないものがおすすめ。

寝る前のクレンジングについては、賢く選びましょう。 H&M Micellar water(H&Mミセルウォーター)のような優しくマイルドなものなら、クレンジングと保湿が一度に出来ます。 肌をこすらずに押さえて乾かします。 ひどくカサカサしていなければ、エクスフォリエイターとしてコットンの布でそっと丁寧にこすります。 ひび割れしがちなら唇も忘れずに。 そしてリップバームを使います。 

夜は、肌の保護を高めるのに良い時間帯。 保湿をしてから、ナイトクリームかフェイスオイルで水分を閉じ込めます。 乾燥する時期にオイルは総じて効果的です。パフュームオイルは、ボディミスト同様ボディローションの前に使うと良いでしょう。 H&M Conscious Multi-use oil(H&Mコンシャス マルチユーズ オイル)のようなボディオイルなら、髪の静電気を防ぎ、ささくれた甘皮は瞬時に手入れの行き届いた爪になります。 

少なくとも週1回は、H&M Conscious Conditioning Face Mask(H&M コンシャス コンディショニング フェイスマスク)などの保湿用フェイスマスクを使って乾燥との戦いを乗り切りましょう。 顔に塗ったまま一晩中置いておくことも出来ます。 忘れないで、楽しいシーズンだということを。乾燥肌に邪魔させないようにしましょう。


冬の手軽な解決策

お悩み: 髪の静電気
解決策: ヘアオイル。 付け過ぎず、数滴を均等に髪に付けます。 ヘアオイルのトラベル用ボトルならバッグにも入ります。

お悩み: 涙目
解決策: 当然、ウォータープルーフのマスカラでしょう。 でも別の選択肢としてマスカラをしないのもアリ。 ソフトでニュートラルなアイペンシルを上まつ毛に沿って、ヌードタイプを下まつ毛に沿って使います。 美しい赤の目立つリップと合わせて大胆な「冬のクイーン」、あるいはクールなペールピンクのリップでキュートな「スケータープリンセス」に。

お悩み: 赤い鼻
解決策: コンシーラーを離さないで! まずは、必ず鼻を保湿して乾燥を抑えること。 ファンデーションよりコンシーラーが良いですが、その前に水分も必要です。 赤みが強い場合は、グリーンの色補正が出来るものを考えましょう。 

お悩み: 手の乾燥
解決策: キューティクルオイル。 甘皮と爪の先は一番弱い箇所です。 まずキューティクルオイルを使い、次にハンドクリームです。 特に効果的なのは、夜に保湿用フェイスマスクを手に使って、薄い手袋をすること。 

お悩み: ハットをかぶると乱れるヘア
解決策: ゆるふわの編み込み! ラフな感じをスタイルの一部にしてしまいます。 ラフ感をキープして。 ゆるふわ編み込みから、クリップやヘッドバンドなどのアクセサリーでキュートに仕上げます。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る