The complete guide to faking freckles

そばかすメイクの完全ガイド

太陽のしずくが欲しくない?

ベースからスタート
快適だと思えるカバーを使います。 そばかすは素肌の方が付きやすいので、ファンデーションを使い過ぎないように注意しましょう。 軽くカバーするには、コンシーラーか少量のBBクリームを使いましょう。 そばかす自体もカバーになることをお忘れなく! 賢く利用して、そばかすでシミをカバーしましょう。 

ハイライトやコントゥアリングを使いたい場合、この時点で。(そうしないと、最終的にそばかすがにじんでしまいます)時間短縮のため、鼻の両横にそばかすを描くと鼻の立体メイクになります。 

このメイクはベースをシンプルでナチュラルに。ニュートラルなアイシャドウに、眉の隙間を軽く埋め、まつ毛をカールします。 リップにカラーを少し加えたいなら、リップバームを塗り、ナチュラルな色のリップを指でたたきます。


そばかすの出番!
アイブロウペンシルは、フェイクのそばかすを作るのに最適!色が「アッシュ系」でアイペンシルのようににじみません。 

ステップ 1 – 薄いそばかすのベースを描いていきます。 ここでは、Brow Specialist(ブロウ スペシャリスト)ペンシルのキャラメルを使いました。 頬と鼻を集中的に、額とあごにも描きます。本物のそばかすは顔中にありますから! ペンシルを顔に直角に当て、軽くひねりながら肌に描いていきます。 こめかみと眉骨にも少し描きます。


ステップ 2 – ステップ1を繰り返しますが、次は濃い色のブロウペンシルを使います。ここでは、Brow Specialist(ブロウ スペシャリスト)のエスプレッソを使いました。 今回は、それほどたくさん描きません。 顔全体にアシンメトリーに描いて、出来るだけ「リアルに」見えるようにします。 そばかすでコントゥアリングしたいなら、いつもシェーディングするところにそばかすを描きます。 これで良いと思ったら、ここで止めて軽くトランスルーセントパウダーを顔全体に軽きはたき、メイクを固定します。


ステップ 3 – もう少し上級メイクにしたいなら、よりリアルなフェイクそばかすにするコツがあります。 小さい斜めカットのアイシャドウブラシを使い、ダークな色のフィニッシングパウダーと少量の水で、少し濃い目の、不揃いなそばかすを描きます。 ブラシの鋭角なほうを濡らしてパウダーを付けます。 顔にそばかすを丁寧に描き加え、指で軽く押さえて肌になじませます。 トランスルーセントパウダーで仕上げます。



THE TEAM
PHOTOGRAPHER: Pauline Suzor
STYLIST: Mikaela Hållén
HAIR AND MAKEUP: Josefina Zarmén | Link Details
MODEL: Athena Wyller | Modelwerk

フィードに戻る
このページの先頭に戻る