THE SECRET TRICK TO SUN-KISSED PERFECTION

健康的な日焼けに見せる裏ワザ

良質なブロンザーと正しいテクニックだけでいいのです。

ベース
ベースは、自分で快適と思うくらいナチュラルにします。 NATURAL SATIN FOUNDATION(ナチュラル サテン ファンデーション)なら透明感のあるカバーでしっとり仕上がりますが、もう少し軽めのカバーがお好みならALL-DAY LIQUID FOUNDATION(オールデイ リキッドファンデーション)を。 もっとカバーが必要だと思われる箇所にはコンシーラーを使います。 まぶたにはニュートラルなアイシャドウ(SMOKY NUDES のアイシャドウパレットからお気に入りを選び)を塗り、ディープレッドを薄く重ねます。ここでは、SENSOURIUM EYE COLOUR(センソリアム アイカラー)のハートクエイクを使いました。 目頭の角と上唇の山にハイライターを付けます。 まつ毛をカールして眉をブラッシングします。 お好みで、マスカラを一塗りして少し眉を埋めますが、このメイクは「ビーチから戻った」ようなナチュラル感を出したいですね。

ブロンザー
地肌のトーンに合うブロンザーを選びましょう。あるいは2種類をミックスして完璧なトーンに。 スワイプするように、頬骨の上と鼻筋の上のほうにブラシを使います。

頬骨の一番高いところからこめかみに向かって、ブラシを刷いていきます。 一番日焼けするところにブロンザーを入れるのです。 

「太陽を浴びた」ように見せるには、唇が日焼けして軽く腫れたような感じにします。リップバームを塗り、(アイシャドウブラシのような)ふんわりしたブラシを使って、ダークなトーンのレッドのマットなリップを塗ります。 ここでは、モデルのアテナにMATTE LIP COLOUR(マット リップカラー)のレッドオートを使いました。

顔にもっと温かみをプラスしたいなら、笑うと高くなる頬の部分にチークを入れます。

 

THE TEAM
PHOTOGRAPHER: Pauline Suzor
STYLIST: Mikaela Hållén
HAIR AND MAKEUP: Josefina Zarmén | Link Details
MODEL: Athena Wyller | Modelwerk

フィードに戻る
このページの先頭に戻る