THESE BEAUTY PRODUCTS WILL SAVE YOUR SUMMER

ビューティー用品で夏を乗り切ろう

暑さと湿気に対抗する方法はこちら。

BBクリーム 
まず夏のビューティー、特にベースに関しては控えめなほうがいいのです。 だからマルチなBBクリームを使ってみては? これ一つで保湿、保護、肌のトーンを整え、赤みや他の欠点を隠してくれます。そして一番重要なのは、羽根のように軽いことです。 
ワンポイントアドバイス: 顔の真ん中など、必要なところにだけ付けます。 そしてよくなじませます!

チャコールマスク
汗、ほこり、汚れ、日焼け止めを、肌はすぐに吸収してしまうので、毛穴は重労働を余儀なくされます。 それは、誰も望まない吹き出物やくすんだ肌の原因に。 効果絶大の成分、チャコールを入れましょう。ミネラル豊富で毛穴の奥の汚れをかき出してくれます。
ワンポイントアドバイス: 洗顔後に、温めた布を顔にかぶせて毛穴を開き、それからマスクを付けましょう。

クリームチーク
暑さと湿気に勝てないなら、付き合いましょう。 暑くなったら、重く見えるパウダーチークはやめて、しっとりしたクリームタイプのナチュラルなチークを活用しましょう。 軽量で塗りやすく(指か平らなカブキブラシで伸ばす)、リップの代わりにしたり、目元にほんのり色を差したりすることも出来ます。
ワンポイントアドバイス: オイルフリーのモイスチャライザーを使う方がチークが良く付きます。 油分の多いクリームはクリームチークを「食べて」しまいます。 

色付きリップ
美しい輝き、滑らかで手軽なリップグロスはいかにも夏らしいですが、一方で日光を反射して日焼けのリスクが増えます。 代わりに、色付きのリップバームを使いましょう。 みずみずしく淡い色が付き、鏡を見ずに塗れます。
ワンポイントアドバイス: 色のインパクトをキープするには、数時間おきに重ね塗りする必要がありますが、少なくともくすんで乾燥したリップにはなりません!

ドライシャンプー
夏場のヒートスタイリング? ウッ。 湿気のせいでお昼には根元が汚れちゃう? サイアク。 ドライシャンプーの出番のようですね! 脂分を吸収するパウダーが皮脂に素早く働いて、髪をサラッと清潔に見せてくれます。 髪の根元にスプレーして数分間おき、髪をブラッシングするだけです。 あっという間に気分スッキリ。
ワンポイントアドバイス: 寝る前にドライシャンプーを使えば、朝までに余分な皮脂と汗が吸収されます。

ティンテッドブロンジングジェル
ジェルタイプはオイリー肌の救世主ですが、夏が来ると誰にとってもありがたいもの。水ベースでとても軽く、素早く浸透して清涼感もあります。 その上、しっとり美しいツヤが出て、蒸し暑くてもメイクが崩れる心配がありません! 
ワンポイントアドバイス: より繊細なブロンズ効果を出すには、顔の両サイドを「3」の形(額の生え際、頬骨、顎のライン)に塗ります。 

カラーマスカラ
夏はメイクを控えめにする分、楽しみに替えましょう。カラーマスカラは軽いけれどとても印象的な表情になります。 根元から毛先までマスカラブラシを小刻みに動かして、出来るだけたっぷりまつ毛に塗っていきます。下まつ毛もお忘れなく! 意外なところにハッとするポップな色、大胆にまばたきして。
ワンポイントアドバイス: 愛用のマスカラの上から、カラーマスカラを重ね付けするのもOK!

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る