7 beauty buys we won’t go on holiday without

休暇に無くてはならない7つのビューティー必需品

太陽いっぱいのホリデーに持って行くビューティー必須アイテム。


CUSTOM COLOUR DROPS(カスタム カラー ドロップス)
太陽がさんさんと輝く、楽しいゆったりしたホリデー。もう少し日焼けしたいとき、お宝のファンデーションあるいはティンテッドモイスチャライザーをどう使いますか? そう、このCustom Colour Drops(カスタム カラー ドロップス)があれば、何種類ものトーンを買い足して持って行く必要はありません。軽くてどんなベースにでも簡単に混ざり、地肌のトーンに完ぺきにマッチ。 

ワンポイントアドバイス: ボトルをよく振り、必要な量を指かスポンジを使ってファンデーションやティンテッドモイスチャライザーに混ぜます。肌の調子が良ければ、愛用のモイスチャライザーに混ぜるとシアーなカバーになります。


リキッド アイシャドウ
暑い気候には崩れないメイクが必要。 休みの日にフルフェイスモードになりたくないけれど、まとまった感じにはしたいですね。 シルキーなリキッドアイシャドウが打ってつけ、特にトレンドのロージーでメタリックな色合いと整えた眉の組み合わせは最高。 軽いフォーミュラで滑らかに伸び、サッと塗れてなじみやすく長持ち、よれずにカバーしてくれます。 太陽の中で遊ぶ時間が増えますね。

ワンポイントアドバイス: アイシャドウをシアーにする、あるいは重ね付けをする。いずれにせよまずはまつ毛の生え際に優しくたたきます。そして上のひだに向かってなじませ、清潔な指かブラシで境界線をぼかします。 簡単ですね。


ソルトウォーター スプレー
実際ビーチにいなくても、ビーチ風ウェーブは夏につきものだからソルトウォータースプレーは考えるまでもありません。 ボリュームとマット感をプラスするだけでなく、最も重要な質感と毛束感も簡単に出してくれます。 湿った髪にスプレーするのが一番、揉み込んでウェーブを出し自然乾燥させます。 乾いた髪にも使えて、クシャ感が出ます。

ワンポイントアドバイス: 髪の根元にはスプレーし過ぎないようにしましょう。 ソルトウォータースプレーは髪の中ほどから毛先にかけて使うのがベスト。でも少しリフトアップしたいなら、湿った髪の根元に少しスプレーすると根元立ち上げ効果もあります。


リップバーム
陽射しがまぶしい休日のビューティーとなれば、間違いなく控えめが一番です。 家ではリキッドのリップや完璧ラインのふっくらレッドのリップが美しいけれど、リップバームがほのかに輝くソフトでナチュラルなリップも心地良く落ち着いてシック。 天然香料と天然ミネラル色のこの優しいリップバームは、オーガニック認定されたシアバター、ホホバオイル、ミツロウ、ヒマシ油を含み、深く浸透して保湿します。 

ワンポイントアドバイス: この香りの良いリップバームはマルチに使えます。爪の甘皮、体の乾燥している箇所に付けたり、少量を頬骨の上に付けると微かにツヤのあるハイライトになります。


透明な化粧ポーチ
ソフトな透明のビニールで出来た化粧ポーチは、収納力はあるのにエレガント。ホリデーで重要なのには二つの理由があります。まず、素早く中身が見えて探しているものが見つけやすいこと。そして、ビーチ、都会の休日、トレッキング、どこにいようとも、汚れを完全に拭き取れる(内側も外側も)ので持ち物に災難が降りかかることがありません。 その上、ジップトップで両サイドスタッズ留めなので、とても手を入れやすいのです。

ワンポイントアドバイス: 服装に合わせてメイクを計画して、アンサンブルに合う色調のものを持っていくようにしましょう。 荷物を最小限にすることになり、余計なものを持って行かずに済みます。


ネイルポリッシュ
そう、サンダルの季節! もちろん、鮮やかなレッド、ピンク、コーラルは夏のお出かけ色だけど、代わりにニュートラルなメタリックはいかが? 一層で同じように高光沢でリッチな完璧な仕上がりなり、頑張って荷造りした、どんな服装にも良く合います。もし欠けてしまっても地肌の色と近いので目立つことはありません。 ホリデー中にネイルを気にするには、人生は短すぎますから。

ワンポイントアドバイス: 使う前にマニキュアを振らないこと。 マニキュア液に気泡が入って滑らかに塗れなくなります。 代わりにボトルを逆さにして手の平の間で転がします。


シャワークリーム
本題に入りましょう。華やかな太陽の光を浴びていると、肌は少し乾燥してヒリヒリしたりします。 ボディーローションとSPFをたっぷり使うのも良いのですが、シャワーの段階で早めに保湿を始められます。 シャワークリームはシャワー時のぜいたくなご褒美ですが、保湿成分にはオレンジオイルとオリーブオイルが配合されており、鎮静作用のあるアロエとカモミールが含まれています。日焼け後のケアに完璧ですね。

ワンポイントアドバイス: 暖かいシャワーは体にはいいけれど、顔には良くありません。乾燥し過ぎて赤みが出ることも。 顔を洗うのはシャワーの前ではなく、後にしましょう。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る