7 beauty essentials for the party season

パーティーシーズンに欠かせない7つのビューティーアイテム

筋金入りのビューティーオタクも、一般人も、ホリデーシーズンに向けて、こちらを参照してください。

シマー ボディウォッシュ
メイク用ブラシを手に取る前に、ほのかなキラメキも文字通り身にまとってみては? この優しいボディウォッシュはかすかな輝きと豊かなザクロとカラメルのフレグランスが配合されており、頭から爪先まで輝くことが出来ます!

ワンポイントアドバイス: ボディウォッシュにはヘチマを使うと、肌が活性化します。マッサージ効果があり、血液の循環を促進します。

リップスクラブ
シャワーから上がる前に、専用スクラブで唇をスクラブする時間を取りましょう。 このスクラブはシュガーの顆粒がささくれを優しく取り除き、ビタミンEとB5、アーモンドオイルで栄養を補給します。 結果は? お気に入りのリップアイテムに最適のクリーンで滑らかな下地になります。

ワンポイントアドバイス: 唇に塗って数分間置き(保湿成分を深く浸透させるため)、それから円を描くようにマッサージ。 湿らせたタオルですすぎます

コンシーラー パレット
スキンケアをしてベース(ティンテドモイスチャライザー、ファンデーション、BBクリームなどでムラの無い下地にします)を整えたら、コンシーラーが完璧な仕上がりにしてくれます。 3種類のトーンを混ぜることで、クマや色素沈着、シミなどにカスタマイズしたコンシーラーができます。

ワンポイントアドバイス: ピンポイントでコンシーラーを使うと、シミが目に見えて消えていきます。 小さなブラシに少量のコンシーラーを取ってドットを描き、端を指で軽くパッティングしてなじませます。

つけまつげ
つけまつげなくして何のパーティールック? 目の長さに合わせてつけまつげをカットするか、付けやすいように2つか3つに切っても良いでしょう。根元部分をアイシャドウブラシなどの回りに巻き付けたりすると、曲げやすくなり快適です。 

ワンポイントアドバイス: つけまつげには見えないようなシームレスな付け方にするには、まつ毛の生え際の上ではなく下に付けてみては(目の際は避けるように注意!)。

アイアシャドウパレット
20色ものラグジュアリーなパレットで、様々なアイシャドウが楽しめます。 しかし、ここではいつくかの色合いを組み合わせて見ます。 まず、一番明るく淡いトーンをまぶた全体から眉骨まで塗り、それからまつ毛に沿ってダークなトーンを使います。 

ワンポイントアドバイス: プライマーは特に重要です。油分、しわ、にじみ、色落ちを防ぎ、アイシャドウが付けやすくなります。 プライマーが無い場合は、濃い目のコンシーラーも有効!

マスカラ
つけまつげを付けるなら、マスカラを使うと自まつげになじませてくれます。 プラス、より豊かに見えます。 でもマスカラのみにするなら、カールをキープするタイプにすると、ボリュームのあるくっきり長いまつ毛になります。 

ワンポイントアドバイス: 種類の違うマスカラをミックスしてみては。濃い目とセパレート、ボリュームアップとウォータープルーフなど、考えてみましょう!

グリッター
グリッターこそパーティールックの主役。恐れることはありません、これがなければディスコのダンスパーティは始まらないのですから。 完全なモダンテイストに見せるには、グリッターをハイライターのように使います。 まず、まぶたにグリッターを濃く付けて、次に下まつ毛の下に少し付けます。 そして頬骨の一番上に沿ってグリッターを付けて、目の周りのキラキラと繋げます。

ワンポイントアドバイス: このグリッターにはベースが必要です。 先にベースを塗ってからグリッターを上に付けるか、あるいは前もってベースとグリッターを混ぜておくことも出来ます。 どちらにしても、アイシャドウブラシを軽く湿らせておくと付けやすくなります。 

SHOP THE STROY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る