7 IN-FLIGHT BEAUTY ESSENTIALS WE NEVER TRAVEL WITHOUT

機内で無くてはならない7つのビューティー必需品

飛行機は素敵な目的地にサッと連れて行ってくれるけれど、美容面ではツライもの。 ここに挙げる救世主的なアイテムで乗り切りましょう。

クレンジングワイプ 
新鮮な空気がない環境に閉じ込められることを考えると、フルメイクをして搭乗するのは肌に良くありません。 いったん席に落ち着いたら、このワイプ(アルコールフリーなので余計に乾燥することはありません!)で顔をきれいにして、それから保湿します。 着陸前に、もう一度使って汚れを落とし、必要ならメイクします。

ワンポイントアドバイス: 保湿ミストも必ず持って行きます。フライト中は自由にスプレーして、到着したときにくすんだ肌は避けましょう。

リラクシング パフュームオイル
旅行はストレスにもなりますね。 リラックスできるフレグランスをお供にするのはいかが? 暖かみのあるベチバーの効果で、このロールオン・パフュームオイルのうっとりするような香りは、心配事に対するパーフェクトな手段。 オーガニックなホホバオイル、グレープシードオイル、ローズマリーエキス、ヒマワリオイルも含まれています。

ワンポイントアドバイス: 血管があって脈を打つところに付けます。体温がパフュームを活性化します。 こすらずに、軽くたたきます。

デオドラント
長距離のフライトの場合は特に、機内にいるとベタつきを感じることも。 言うまでもなく、リフレッシュしたいですね。このアルミニウムフリーのデオドラント(鎮静作用があるオーガニックなアロエベラ)で拭きましょう、搭乗前と必要なら着陸前にも。

ワンポイントアドバイス: 少し時間を掛けて正しく使いましょう。 わきの下全体をまんべんなく拭くと一番効果的です。

リップバーム
機内はかなり乾燥しています。 だから水をたくさん飲むのも良いアイデアですが、リップバームをしっかり塗るのも良いのです。 フライトの前にたっぷり塗り、必要に応じて機内でも、そして降りる前にも。完璧に保湿したリップと繊細なツヤもゲットできます。

ワンポイントアドバイス: リップ以外にも、ドライスキンを見つけたらどこでもリップバームを塗りましょう。甘皮、指先、膝、足の指など。

コーム
ヘッドレストに頭を付けると、ゴージャスなヘアはもつれて、ひどい静電気も起こることに。 ずっとシックでいるためには、目の粗いコームをお忘れなく。 大きくて毛の多いブラシを持ち歩くよりずっとラク! 

ワンポイントアドバイス: もつれた髪は、必ず毛先からとかし始めて、根元に移ること。毛管のダメージを防ぎ不必要に髪を傷めることもありません。

BBクリーム 
飛行機から降りてもキチンと感を出していたいけど、狭苦しい場所や化粧室の光を想定すると、マルチで簡単に使えるものが欲しいところ。 BBクリームの出番です。肌のトーンを整え、赤みや他の欠点を隠し、そして保湿が一度に出来ます。

ワンポイントアドバイス: おそらく指を使うでしょうから、必ず清潔にすること! まず薄く塗り(軽くたたいて)、カバーが必要なところ(目の下、鼻の周り)に重ね塗りします。

ティンテッド ブロウジェル
飛行機から降りたときに、ミニマルだけどシックなメイクはとても進歩的で、整った眉にするのが手っ取り早い方法。 このティンテッドファイバージェルは、ほんの少し描くだけで、くっきりと上手く整った眉にしてくれます。 アーチを濃くするとナチュラルに見えます。

ワンポイントアドバイス: 化粧室でメイクをするタイミングが無い場合のために、小さい鏡を手荷物に入れておくのを忘れないで。 

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る