7 products that will rescue your summer hair and skin

夏の髪と肌を救う7つのアイテム

新しい季節に向けて、夏のヴァイブをキープしましょう。同時に、日焼けのケアも。


ボディスクラブ
暑くてジメジメ、ひどい大気汚染、夏中日焼け止めはたっぷり。当然ボディはあらゆる汚れを落とす良いスクラブを欲しがっています! この浄化作用のあるスクラブは、成分のグラニュー糖と緑茶が肌を滑らかにして活性化すると共に、メドウフォーム油が深く浸透して保湿します。 大量に汗をかくと、太陽と暑さが肌から水分を奪ってしまいます。 

ワンポイントアドバイス: バスやシャワーで、エクスフォリエイティンググローブかボディブラシを使って円を描くように肌をマッサージします。より強めのスクラブで血行が良くなります。


フェイスマスク
太陽と熱が肌を乾燥させることはもう分かっています。加えて、オフィスや学校で頼りにしている空調のことも考えると、顔のケアをしなければならない時です。 大量の水を飲むこととたっぷり保湿をすることは言うまでもありませんが、保湿フェイスマスクをスキンケアのルーティーンに追加するのは大歓迎。 シアバター、ココアバター、ナリッシング アルガンオイル、リヴァイタライジング ローズヒップオイルを配合したこのマスクを、少なくとも週1回は試してみて。

ワンポイントアドバイス: 夏の過酷な気候から肌が回復中なら、エクスフォリエーションは朝より夕方にやりましょう。 日光過敏症になるのを防げます。


ヘア プライマー スプレー
海、湖、プールで、夏中ずっと泳いでた? それともラウンジチェアで日光浴してた? なんてラッキー! でも可哀相な髪に時間を取ってあげましょう。この時期は、気候のせいでちょっと疲れたように見えているかも。 コンディショナーを大量に付けて髪を重くするより、スタイリングする前にマルチユーズのプライマースプレーを使えば、もつれをほぐして栄養を与え、ツヤを出してコンディショニングできます。 湿った髪に均等にスプレーしてから、いつものヘアのセットをしましょう。

ワンポイントアドバイス: シャワー後、髪を絞って水分を除きタオルドライします。 髪に50%~60% の水分が残っていると成分がよく浸透します。 


バッファーブラシ
ファンデーション、BBクリームや他のベースをつけるときは指を使いたくなりますが、数か月の間に(汗のおかげで!)詰まった毛穴、陽射しによる色素沈着、あるいは日焼けによるダメージがあると、補強するものが必要になるかもしれません。それはバッファーブラシ。 このツールで、エアブラシを使ったようだけど完全にナチュラルなルックにできます。 円を描くように使うと、平らで密生した毛先がベースを肌にシームレスになじませてくれます。

ワンポイントアドバイス: さらにカバー力が必要なら、ブラシでベースを軽くたたきます。コンシーラーは必要ないかも!


コンシーラー パレット
夏の間、常に日焼け止めを使っていても(マスト!)、少し日焼けしたりそばかすが出来たりしているかもしれません。 どちらもいずれ消えてしまいますが、この時期、様々なトーンにお金をかけるよりパレットで解決しましょう。 思う存分、3色のトーンをミックスして合わせます。 クリーミーな材質はミディアムからハードなカバー力を発揮、とてもなじませやすいのです。 ブラシか指を使って軽くなじませます。 

ワンポイントアドバイス: 普段はセッティングパウダーを使わなくても、少なくともコンシーラーを付けたところは「固定」してシワや固まりになるのを防ぎましょう。 この場合は小さめのふわっとしたブラシを使います。


ブロンザー
足りなかった夏の日焼けを補うつもりでも、自然な小麦肌をキープするにしても、仕事や学校に戻る時にはブロンザーがベスト。 このような、シルキーなテクスチャーでマットだけど輝く仕上がりになる軽いパウダーを選びましょう。リキッドやクリームでは強すぎに見えます。 フレッシュでエアリーな輝きにしたいなら、顔の両サイドに「3」を描きます。 ラシを使って、こめかみから始めて頬に沿って、さらに下あご全体に刷きます。 

ワンポイントアドバイス: 鼻筋の両脇にブロンザーを刷いてさらなる輝きを。そして首の両サイドも忘れないで、特にヘアをアップにしているときは!


オールオーバー ミスト
そう、一日の終わりには、去りゆく夏が惜しくなります。 ただ嬉しいことに、少なくとも記憶の中ではそうする必要はありません。 香りはパワフルな感覚で、このリフレッシュできるミストはクリーミーなココナツ、上品なバニラ、ソフトなウッディノートの繊細なブレンド。もやに霞むビーチでの日々を思い出させてくれるでしょう。 そして保湿効果のあるアロエベラ入りで、肌に水分を補給してくれます。 素肌にスプレーしてその時を思い出しましょう…

ワンポイントアドバイス: 細かいミストは髪にもスプレーできます。 髪の中ほどから毛先に集中してスプレーすれば、動くたびに香りが漂います。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る