7 PRODUCTS TO ALWAYS KEEP IN YOUR WORK BAG

仕事用バッグに常備したい7つのアイテム

ビューティーのヒーローたちが、9時-5時の貴女を洗練されたプロフェッショナルに見せてくれます。

リキッドリップスティック
リキッドリップスティックを一時しのぎと言うのは、少し控えめな表現でしょう。 ありがたいことに、超マットでカバー力の高い仕上がりは、オフィスにふさわしく洗練されたものです。 その上、固定力があります(もしリップラインからはみ出たら、綿棒にクリームを付けて拭き取ります)。 マットだから、一塗りだけで十分ということをお忘れなく!

ワンポイントアドバイス: 塗り過ぎると剥がれ落ちる原因になります。イヤですね。もしアプリケーターで薄く塗るのが難しいなら、代わりにリップブラシを使います。 

パウダー&ファンデーションブラシ
同時にいくつもの仕事をこなす人なら、このダブルエンドのメイクブラシはお気に召すでしょう。 平らで角が丸い方は、リキッドやクリームのファンデーション向き。ブレンディングやコントゥアリングも出来て、指を使うよりムラなく仕上がります。 毛がふわっとしたドーム型の方は、パウダーチークやブロンザー用です。 

ワンポイントアドバイス: 使った後にブラシをきれいにする時間が無ければ(月曜の朝に誰がやる?!)、最低限週に一度はしっかり清潔にしましょう。特に、毛にファンデーションの固まりを見つけた場合は。 

アイブロウジェル 
整った眉は、完璧に洗練されたプロフェッショナルに見える大きな役割を果たします。 必要ならペンシルかパウダーで眉の隙間を埋め、このクリアジェルを上から付け、あるべき場所に固定します。 豊かな眉なら、良いヒントがあります。まず、眉尻から鼻に向かってジェルをブラシで付けていき、次に眉頭から眉尻に向かってブラッシングして戻ります。 さらにボリュームが出てクッキリします!

ワンポイントアドバイス: 髪をポニーテールやお団子にまとめるときは、額の後れ毛や産毛にブロウジェルをサッと付けて整えることも出来ます。

ハンドクリーム 
職場の攻撃的な空調やヒーターと折り合いを付けなきゃならない? スキンケア対策は抜かりないでしょうが、手も同様に苦しんでいます。 デスクにはハンドクリームを常備、必要に応じて栄養と水分を補給します。プラス、エッセンシャルオイル効果で元気付けのフレグランスもゲット。

ワンポイントアドバイス: ハンドクリームを付けるときには、手早くハンドマッサージをしましょう。右手の親指を使って、左の手の平、指一本ずつ、最後に親指と人差し指の間をマッサージ。 そして手を替えます。

ディップライナー 
ほとんどの職場では、やり過ぎには見せたくないけどキリッとしたいところ。 ディップライナーの出番です。 軽くサッと、あるいはしっかりタイトに描くか、いずれにせよ細いアプリケーターの先で正確に描けます。長持ちする耐水性のものなら、にじんだり薄くなったりすることもありません。 

ワンポイントアドバイス: エフォートレスなアイライナーにするには、まずドットでラインを描き、それをつなぎます。 ドットが大き過ぎないように注意して、描きたいラインの幅と同じくらいにすること。

ヘアバーム 
次々に周りの環境が変わると、苦労して仕上げた髪が台無しになりかねません。 滑らかで真っ直ぐな髪になるバームで、縮れを防いでツヤ髪をキープしましょう。どんな髪質でも大丈夫。 湿った髪にまんべんなく付けて、ヒートスタイリングでも自然乾燥でも可。

ワンポイントアドバイス: 乾いた髪にもヘアバームを使う(慎重に!)と、毛先が整います。 

コンシーラーペン 
コンシーラーペンは、ハンドバッグやデスクにあると便利で大切なツールです(特にシルキーで輝くような仕上がりが欲しいときには)。 カバー力がマイルドで、一日を通じて修正用に最適。サッと塗ってから、その箇所を薬指で軽くたたくだけ。 1トーン明るい色なら、ハイライターとしても使えます。

ワンポイントアドバイス: 明らかなシミや変色の箇所に加え、鼻の周りの赤みをカバーするのも効果絶大。肌のトーンが均一になります。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る