NEW SEASON BEAUTY ESSENTIALS

新しい季節のビューティー必需品

新しい季節、新しい学年、そしてすべての新しいファッションウィークが今月から始まります。つまり忙しくなるということ! 長時間使えて、マルチで、輝きをゲットできるアイテムで時流に乗りましょう。

オールデイ リキッドファンデーション
一日中外にいる予定でも、恐がることはありません、夕方まで。ロングウェアのファンデーションで悩み無用。 リキッドタイプならどんな肌質でも大丈夫、プラスなじみやすく必要なら重ね塗りも可。 さらなるオマケ? SPF値 15。 紫外線対策は早すぎることも遅すぎることもありませんから。 

ワンポイントアドバイス: よりナチュラルな仕上がりにするには指を使うのが一番ですが、エアブラシ的な仕上がりにしたいならファンデーションブラシを選びます。 バクテリアを防ぐため、ブラシは毎日清潔にしておくことをお忘れなく!

アイブロウペンシル 
クッキリした輪郭の眉は顔のフレームになり、外見のバランスを整えてくれます。ほんの5分あれば(ああ、あのずるいスヌーズボタンさえなければ!)、最速でまとまりのあるメイクに。 必ず尖った先端から始めて、眉が薄いところを埋めていきます。 一歩下がって見るとその違いに驚くでしょう!

ワンポイントアドバイス: 短く軽いストロークで眉毛を描きます。アーチは集中的に描き、ペンシルのスプーリーでなじませます。 

アイアシャドウパレット 
旅行中は(外国であろうと、終日であろうと)、パレットは多種類が1個のケースに収まる省スペースの優れもの。 このキラキラで秋らしいメタリックな色合いは、単独でも魅力的だけど組み合わせるとさらに凝った仕上がりに。 全体にゴールドを、まつ毛の生え際はオーベルジュを濃く、そしてピーチとシルバーをアクセントにします。

ワンポイントアドバイス: さらにしっかり色付けしたいときは、アイシャドウプライマーをまぶた全体に塗り、湿らせたブラシでシャドウを付けます。

ボディウォッシュ 
ありふれたボディウォッシュを使うには人生は短すぎます。 一日の始まりでも、ハードな日の名残りを洗い落とすにしても、このクリーミーなボディウォッシュで優しく洗って肌をリフレッシュして、豊かな香りに包まれましょう。 サッパリした洗い上がりにしたいときは、シャワーでヘチマを使います。 貴重な自分だけの時間を過ごすには、ボディウォッシュを加えたバスタブにゆっくり浸かりましょう。

ワンポイントアドバイス: シャワーやバスから上がったらすぐに、ボディウォッシュに合ったボディーローションを重ねて水分を閉じ込めます。清潔なジャスミンとサンダルウッドの香りが長持ちします。

リップ アンド チーク カラー 
確実にスペースと時間を節約できるもう一つのアイテム。少ししっとりしたモノクロの顔もかなりシックで万能、ごく簡単に出来ます。 クリーミーだけどシアーなカラーを頬に付けて、髪の生え際に向かってなじませます。そして何も塗っていない唇に一塗りするか、同系のリップライナーの上に塗って濃くすることもできます。 

ワンポイントアドバイス: 美しい仕上がりにするには、柔らかく保湿した頬、唇の上に塗ります。 文字通り肌に溶け込んでずっと長持ちします!

マルチユース オイル 
ビューティー面でオイルはあまり評判が良くありませんが、かなり栄養価は高いのです。 バスタイム、ボディ、髪にオーガニック認定の万能保湿オイルってどうなの? それ、正解です! ホホバオイル、グレープシードオイル、ローズマリーエキス、ヒマワリ油から出来たオイル。バスタブに垂らして優雅に浸ったり、ボディに伸ばしたり、縮れた髪に付けて整えたり。 

ワンポイントアドバイス: 数滴を指の間にこすり付けて毛先になじませると、毛束感が出てフレンチ・ガール風のラフなヘアに。 もちろん、良い意味で。

フェイスシャイン 
繊細なストロビングをお望みなら、この透明でクリーミーなフェイスグロスがぴったり。 軽い成分配合で、地肌あるいはファンデーションの上から十分輝きが出ます。頬骨の上や両目の内角など、注目を集めたいところに明るくハイライトが入ります。

ワンポイントアドバイス: 全体を輝かせたいときは、愛用のファンデーションやティンテドモイスチャライザーにグロスを適量混ぜて、いつものように使います。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る