H&Mの新しいコレクションは超グラマラス – そして環境にとても優しい

漂着したプラスティックごみや再生シャンプーボトルが、美しいプリーツのドレス、スパンコールのトップス、パーフェクトなスーツに。 これがConscious Exclusiveについて知っておくべきことです。

テンセル、再生ポリエステル、再生ガラス、オーガニックシルク、オーガニックコットン、オーガニックリネン。オールスターが来たるH&MのConscious Exclusive コレクションに登場します。 H&Mが各アイテムをサステナブルな素材で作る、グラマラスなイブニングウェアのコレクションを発表するのは6年連続です。 今年のコレクションにはメンズウェアも含まれており、今回初めてキッズ用のアイテムも発表されます。

コレクション制作時にデザイナーたちは、記憶をカプセルに詰めることができるようなものを想定しました。 グラマラスなドレスと粋なタキシードは特別な日に、そしてその後もずっと手放したくなくなるようなものを。

「今年のConscious Exclusiveコレクションでは、アイテムの見た目だけじゃなくて手触りや音も考慮に入れました。 五感が喜ぶコレクションで、私たちがやることすべてをサステナブルにしたいという希望にも応えるものです」とH&Mのデザイン責任者でクリエイティブディレクターのパニーラ・ヴォールファートは言います。

記憶をカプセルに詰められるようなアイテムを作るには、視覚だけでなくもっと感覚に訴える必要があります。 超ソフトなベルベットのライニングを施した靴、首を振ると音が鳴るイヤリング、服に合う3つのユニセックスなフレグランスの香り。デザイナーたちはそういったものを感じて欲しいと言います。

The wedding dress is only sold online.

BIONIC® (漂着物を回収再生してできたポリエステル)製で、流麗なプリーツを持つ明るいピンクのドレスは、コレクションのキーアイテムの一つ。 海岸に打ち上げられたプラスティックボトルが回収され、美しい透け感のある繊維に変身、ドレス1着につき88本のボトルが使われています。 プリントや刺繍は、もう一つの人間の感覚、「夢」からインスピレーションを得ています。 歪んだシャクヤクやミモザ、手刺繍で輪郭を描いた眠る(そして夢見る)女性がクラッチバッグとジャケットにあしらわれています。

The collection includes a sequined cocktail dress and a tank top.

Conscious ExclusiveはH&Mの最もグラマラスなコレクションです。スパンコールのカクテルドレスとタンクトップ、シフォンのウェディングドレス、そしてペールイエロー、ピンク、ラベンダーのシルク製イブニングドレスなど、今年はこれまでで最もカラフル。 メンズウェアラインはそこまでカラフルではありませんが、やはりグラマラス。 コレクションには3種類のスーツ(タキシード1、ビジネススーツ1、ジャカード織ジャケット1)があり、素材はBIONIC® やテンセルからオーガニックのウールとカシミヤまで使っています。 よりフォーマルな装いに加え、ゆったりしたシルクのシャツとシルク混のシャツ、そしてガラス刺繍とフレンチノットのビーズをあしらったブラックデニムのジャケットが際立っています。

The black denim jacket from the men's collection and Conscious Exclusive for kids.

レディース コレクションはロシアのスーパーモデル、ナタリア・ヴォディアノヴァが主役。H&Mとは初めてチームを組みます。

「H&MのConscious Exclusiveコレクションは、地球に優しくその未来を守る最善のスタイルを教えてくれるわ。 サステナブルな素材でできている本当に素晴らしいコレクションで、これからのシーズンに着たくなるわよ」と彼女は言います。

 

レディースとキッズのConscious Exclusiveは4月20日から世界各国約160のストアで販売、 メンズウェアラインは同日からオンライン限定で発売されます。

 

数で見るコレクション
88本の回収・リサイクルされたペットボトルが1着のBIONIC® ドレスで使用される
25本の回収・リサイクルされたペットボトルが1個のBIONIC® バッグで使用される
29着のレディース服
5つのレディースアクセサリー
3足のレディースシューズ
3種類のユニセックスなパフュームと、1個のボックス
10着のメンズウェア
6着のキッズウェア
1着の限定版アイテム(ウェディングドレスはオンライン限定販売)
2つのメンズアクセサリー
1つのキッズアクセサリー

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る