HEATHER KEMESKY’S BEST HAIR AND BEAUTY TRICKS

ヘザー・ケメスキーのヘアとビューティーの最善策

そばかす顔、ジャンヌ・ダルク風の髪、魅力的なキャラクターでファッション業界から引っ張りだこのカリフォルニアガールを紹介します。

ヘザー・ケメスキー は2015年、Louis Vuittonのクリエイティブディレクター、ニコラ・ゲスキエールがブランドのパームスプリングスでのクルーズショーと、続くS/S 2016ルックブックの主役に選び、モデルからトップモデルになりました。 それがまさに、彼女が大きな業界デビューを果たした時だと言えるでしょう。彼女は14歳からモデルをしてきたのですから。 

初めてのLouis Vuittonのショー(以来何度も出演)の後、カリフォルニアガールは拠点をニューヨークに移し、パリ版『Vogue』、ニューヨーク・タイムズ、『Numero』の特集ページに登場、Chanel、Marc Jacobs、Lanvinのショーに出演、ArmaniとEtroのキャンペーンでは主役を務めました。 さらに彼女は、パリでH&MのStudio A/W 16 のショーに出演、ブランドが力を注いでいる秋のファッションキャンペーンでは、モデルアイコンのローレン・ハットンやポップスターのライオン・ベイブと並ぶスターの一員となりました。

続きを読んで、ヘザーのトップモデルシークレットを発見しましょう。 

ドリームキャッチャーを作っているの。 楽しいし辛いことを忘れられるわ。


ヘザー・ケメスキー
 

お気に入りのフォトグラファーは…
「ピーター・リンドバーグ」

キャリアの中で、一番誇りに思うことは…
「まさに初めて出演させてもらったショー、Louis Vuittonと私をキャスティングしてくれたアシュリー・ブロコウと言うべきね! 私が本当の意味で業界入りする基盤になったわ。 それに、常にショーに出演していたかったの、一番背が高いのは私じゃないから」

一番記憶に残る撮影/ショーは…
「Chanelのショーに出演するのはすごくエキサイティングだった、 いつもChanelのショーを見ていて出演したいと思っていたから。 想像してもらえれば分かるくらいグラマラスで、Chanelの服を着るのは過去に戻るかのよう。ホントにすごいから。 本当にクラシックでタイムレスなブランドだから、もちろん参加できたことを誇りに思うわ。 それに、今までウォーキングした中で一番長いランウェイで、最後の方は本当に疲れたの (笑)」

撮影でいつもテンションを上げてくれる曲は…
「AC/DC のサウンドトラック!」

創造力を発揮するのは…
「ギターを習うこと。もっと練習しなきゃいけないんだけど。 紙にいたずら書きをしたり、とりとめのないことを書いたりするのも好き。最近、ドリームキャッチャー(アメリカインディアンの装飾品)を作っているの。 楽しいし辛いことを忘れられるわ」

憧れのモデルは…
「リンダ・エヴァンジェリスタ。色んな理由で彼女を敬愛しているわ。 常にヘアを変えるのに共感するの、私もいつも自分のヘアに飽きて変えたくなるから。 それから、ミラ・ジョヴォヴィッチ」

美しさの秘訣は…
「ストレスをためないこと。 それに、日光がいつも助けてくれる!」

体型を保つためにやることは…
「戸外にいること、よく歩いて、時々クラスを受けること」 

サッと髪をまとめるには…
「ローズウォーターか海水スプレーを使う」 

ストレス解消には…
「海か、水のある所へ行くこと。 あるいは自然の中にいること。 そういう場所が、私のストレスを発散するところ」 

特別な人に、私は家の香りがするって言われたの。


ヘザー・ケメスキー
 

隠れた才能は…
「クッキングがその一つ。 ひそかに私は立派なシェフでフードが大好き」

自分の香りは…
「特別な人に、私は家の香りがするって言われたの」

オフのお気に入りスタイルは…
「ジーンズとTシャツ、着心地の良いもの… とはいえ、ドレスアップするときもいつも着ているけど」

今、ハマってるのは…
「映画を見ること! そしてハロウィン。一年でお気に入りの季節。かぼちゃ、秋の香り、不気味で奇妙なもの、それから自分じゃないものに扮装するのが大好き」

一番のキレイの コツは…
「ニキビをつぶさないこと! 何度もやっちゃったわ (笑)。 みんなそうよね。 それから、水をたくさん! そして私はカリフォルニア生まれだから、あの懐かしい太陽が良いって知ってるの」 

お気 に入りのホテルは…
「分からないわ。 心地良いベッドがあればいいの」 

お気に入りのレストランは…
「レストランでもない、目立たない小さなタコスの店。 今までで一番美味しい魚のタコスを食べたの。 実家に近いビーチ沿いにあるLa Serenaというところ。 それから、別の小さなお店でThe Standというところ、これも実家の近所。 すごく、すごく美味しいビーガンのスポット! 家から離れているときは恋しくなるわね。 この2店は、いつも帰るとまず行くところよ」

朝食にはいつも…
「いつも半熟卵とアボカドとフルーツ!」

長いフライトのときに、いつも持っていくのは…
「ヘッドフォン、心地良いソックス、歯ブラシ、洗顔料、本!」 

空き時間には…
「映画を見る、公園をウォーキング、ギターの練習、何でもないものを買う」

今まで受けた最良のアドバイスは…
「継父はいつも私に、ちゃんとやりたいなら自分でやるように、と言っていたわ! 母がいつも言っていたのは、誰にでも優しくするように、その人がどんな日を過ごしたのか、何に立ち向かおうとしてるのか分からないんだからということ」

旅先でよくする買い物は…
「クリスマスのオーナメントをコレクションしているから、行く先々で買うのが好き」 

モデルになって、学んだことは…
「この業界は楽じゃないこと! みんなそう思ってるわ。 すべてがグラマラスで素晴らしいわけじゃない、大変な労力をすべて結集して、撮影で命を吹き込んだりショーを開いたりするのよ!」

モデルを引退したら…
「ティム・バートンと仕事をすること。 夢を叶えたいわ」

お気に入りのテレビ番組は…
「今、『ストレンジャー・シングス』に夢中で、セカンドシーズンが待ち遠しいわ。 私はウィノナ・ライダーのファンだから、復帰した彼女を見るのが嬉しいの」

今、読んでいるのは…
「ハリー・ポッターと呪われた子ども」 

人生の目標は…
「怖いと思うことをやって、大きなリスクも受け入れること。 人を驚かせてインスピレーションを与えて、動物を助けること」

 

ヘザー・ケメスキー

AGE: 26歳

LOCATION: ニューヨーク

AGENCY: DNA

DISCOVERED: 14歳でモデルを始める 

INSTAGRAM: @heather_kemesky

TWITTER: @heatherkemesky

フィードに戻る
このページの先頭に戻る