Sasha Pivovarova’s beauty secrets and obsessions

スーパーモデル、サーシャの美の秘けつとこだわり

サーシャ・ピヴォヴォロヴァは、バラのような香りがする隠れ庭師です。

モデル業界の真のスタイルアイコン、サーシャ・ピヴォヴォロヴァは2005年にキャットウォークデビュー、すぐに成功を収めました。 初めてのショーは2005年秋冬のPrada、2月のことです。同じ年に伝説的フォトグラファーのスティーヴン・マイゼルが撮影したイタリア版『Vogue』の表紙にもなりました。 

モデル人生すべてをかけてスーパーがつくようになるモデルもいますが、サーシャ・ピヴォヴォロヴァは初めからスーパーモデルでした。 そして願わくば、モデル業だけが彼女の財産になってほしくはないところ。 スカウトされる前、サーシャ・ピヴォヴォロヴァはモスクワで美術史を勉強していました。そしてアートスタジオで時間を過ごすのが好きなのです。 

ロシアのファッションアイコンについてもっと学びましょう。 

お気に入りのフォトグラファーは…
「スティーヴン・マイゼル」

キャリアの中で、一番誇りに思うことは…
「ファッション業界のたくさんの人たちとの友情と良好な関係」

一番記憶に残る撮影は…
「ピーター・リンドバーグに撮ってもらった、イタリア版『Vogue』での『Apocalypse Wow』というストーリー」

創造力を発揮するのは…
「ビジュアルアート」

憧れのモデルは…
「ヴェルーシュカ」

美しさの秘訣は…
「8 時間睡眠」

体型を保つためにやることは…
「エクササイズと正しい食事」

サッと髪をまとめるには…
「ドライシャンプーを使う」

オフのお気に入りスタイルは、スニーカーかバレエフラットにジーンズか黒のロングスカート、シルクのブラウス。


サーシャ・ピヴォヴォロヴァ
 

ストレス解消には…
「絵を描くこと」

隠れた才能は…
「ガーデニング」

自分の香りは…
「バラ」

オフのお気に入りスタイルは…
「スニーカーかバレエフラットにジーンズか黒のロングスカート、シルクのブラウス」 

今、ハマってるのは…
「シルクのパジャマ」

一番のキレイの コツは…
「寝る前にメイクを全部落とす」

お気に入りのホテルは…
「バンコクのThe Sukhothai(ザ スコータイ)」

お気に入りのレストランは…
「ニューヨークのブリッジハンプトンにあるPierre's」

朝食にはいつも…
「グラノーラか卵白」

長いフライトのときに、いつも持っていくのは…
「レザーのスケッチブック、鉛筆、読みたい本」

空き時間には…
「家族と過ごす」

今まで受けた最良のアドバイスは…
「あせらないこと」

旅先でよくする買い物は…
「サングラス」

モデルになって、学んだことは…
「自信を持つこと」

モデルを引退したら…
「アートのプロジェクトにもっと時間を掛けるわ」

今、読んでいるのは…
「グレース・コディントンの『Grace: A Memoir』」

人生の目標は…
「幸せで健康でいること」

 

サーシャ・ピヴォヴォロヴァ

CITY: ニューヨーク 

AGENCY: IMG Models 

DISCOVERED: 2005年、フォトグラファーの友人(後に彼女と結婚する)がIMGに写真を送付

INSTAGRAM: @sashapivovarovareal

フィードに戻る
このページの先頭に戻る