All you wanted to know about Naomi Campbell

ナオミ・キャンベルについて知りたいことすべて

スーパーモデルの彼女はバンビを連想させると、マイケル・ジャクソンは言いました。

ナオミ・キャンベルについては紹介するまでもないでしょう。 元祖スーパーモデルのメンバーで、聖なる「トリニティ(三位一体)」(他の2人はリンダ・エヴァンジェリスタとクリスティー・ターリントン)の一人、キャンベルは何十年もの間ファッション界の中心でした。 さらに印象的なのは、キャリアを通して業界と係わり合ってきたことです。 より多様になったファッション業界での厳しい戦い、チャリティー活動、ヒットシリーズ『 Empire/エンパイア 成功の代償 』と『 アメリカン・ホラー・ストーリー 』へのゲスト出演 – ナオミ・キャンベルの星は依然として明るく輝いています。 編集部は、H&M秋のファッションキャンペーン動画の主役でもあるアイコンの彼女に秘密を打ち明けてもらいました。 

キャリアの中で、一番誇りに思うことは…
「私の作品全部」

創造力を発揮するのは…
「チャリティー団体Fashion For Relief(ファッション フォー リリーフ)、プロデュースすること、カメラの後ろに立つこと、人を結び付けること、人のキャリアを助けること」

憧れのモデルは…
「イマン」

美しさの秘訣は…
「水分補給、体内外の」

隠れた才能は…
「ティナ・ターナーの物真似」

自分に似ている架空のキャラクターは?
「バンビ。マイケル・ジャクソンが、私は小鹿を連想させるって言ったの」

目の端に少しだけゴールドをプラス


ナオミ・キャンベルのビューティーのヒント
 

モデルになって、一番大変なことは?
「移動と時差ボケを乗り越えて、すぐ仕事しなければならないこと。 それから取るべき睡眠時間の管理と調整」

カラオケの十八番は…
「(ティナ・ターナーの) プライヴェート・ダンサー

他人に望む一番の資質は…
「忠実で率直であること、ウソは駄目。 イネイブラー(註:個人の問題解決を手助けすることで、返って当人を甘やかし、問題を悪化させる人)は大嫌いよ」

自分の香りは…
「スズラン」

オフのお気に入りスタイルは…
「Adidasのトラックスーツ、スニーカー... オフのスタイルは特にないけれど、 移動するときは楽だからこれを着るわね」

今、ハマってるのは…
「特にハマっていることはないわ、自分が係わっていることに情熱を注いでいるだけ。チャリティー、ファッション フォー リリーフ、難民の女性と子どもたちが将来のために技術を学ぶ手助けをすること」

やりたいことリストに入っているものは
「ベトナム、ビルマ、カンボジアに旅して寺院に行くこと」

一番のキレイの コツは…
「輝くフレッシュな表情にするには、目の端に少しだけゴールドを入れること」

否定したいモデル神話は…
「仕返しをすること」

お気に入りのレストランは…
「香港のChina Club」

自分自身と自分の実績を利用して人助けをすること


ネルソン・マンデラからの人生のアドバイス
 

INSTAGRAMで常にフォローしている人は…
「ラッセル・シモンズ(@unclerush)は健康、ヨガ、幸福についてのヒントがたくさんあるわね」

今まで受けた最良のアドバイスは…
「ネルソン・マンデラ元大統領の、 自分自身と自分の実績を利用して人助けをすることと、情熱のおもむくままに選択するということ」

モデルを引退したら…
「チャリティー活動、ファッション フォー リリーフ、関心がある他の慈善団体での活動をずっと続けて、 常に自分の知識を新人にシェアするわ」

子供の頃のニックネームは?
「ニー。」

モデルになって、学んだことは…
「最も重要なのは自分自身に正直であること、あらゆるクリエイティブなアイデアに対して変化をいとわず真っ白なキャンバスでいることとオープンでいること、あらゆる困難に対処すること」

お気に入りのテレビ番組は…
The Handmaid’s Tale(侍女の物語)

今、読んでいるのは…
「エリザベス・ハイチの『イニシエーション 』」

人生の目標は…
「一日一日を大切に、今を生きること」

 

 

ナオミ・キャンベル

BORN: 1970年、ロンドン南部

DISCOVERED: 15歳の4月、放課後に友達と一緒にいたとき。 

AGENCY: New York Model Management 

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る