植野有砂の日本のサマースポット

遊び心のあるプリントと楽しいアクセサリーは、植野有砂にとってバケーションのマストハヴ。 編集部お気に入りのDJでデザイナーの彼女、東京からわずか1時間のビーチタウン、鎌倉へ同行しました。

「東京の夏はすごく暑くてムシムシするから耐えられないわ」と植野有砂は笑いながら言います。 DJでデザイナーの彼女は、出来るだけ夏休みをヨーロッパで過ごすようにしています。 東京に帰ると、湘南海岸へ脱出するのです。 太平洋の海風と美しい浜辺は電車で1時間の所です。

「でも東京に近いなんて全然思えないわ。湘南は日本の南部みたいよ。 水は透明できれいだし、自然が素晴らしいの」


この夏、東京へ行くならぜひ鎌倉にも足を延ばしましょう。 街の豊かな歴史と文化、湘南周辺の浜辺、旅行者にとっては完璧な保養地です。 日本の封建時代の古都、鎌倉は数多くの史跡を誇ります。 とはいえ、鎌倉の本当の魅力はモダンな文化が加わってこそのもの。 鎌倉は日本でも指折りのサーフスポットで、最近ではカリフォルニアスタイルのビーガンレストランが歴史ある美しい神社の隣に並んでいます。 

「日本の伝統文化を体験したいけど、美味しいレストランや素敵なビーチもお望みなら鎌倉は打って付けよ」と植野有砂は言います。 

日本の伝統文化を体験したいなら鎌倉は打って付け


植野有砂

都会を逃れる小旅行のときに詰め込む荷物は?
「いつも、カラフルなプリントのワンピースとか写真映えするものを持って行くの。 それから顔用の日焼け止めとボディ用の日焼け用オイル。 いつもスイムウェアはたくさん持って行くわ。 きれいなワンピースは大好きだけど、最近はビキニがお気に入り。日焼け用にはこっちの方がいいわ」

完璧なビーチの一日について教えて。
「まずはいっぱい泳ぐこと。 泳ぐの大好き! それから日光浴。 日焼けした肌は私にとって夏の必須要素。 でもゆっくりして読書もしたいわ」


大都市それとも小さな海辺の町?
「海辺の町! 東京に住んでいるから、よけい特別に感じるわ。 でも新しい町も探検したいわね!」

バックパックの旅、それともリゾート?
「両方。 この前、ボーイフレンドとモロッコに行ったの。最初の数日間は豪華なホテルに泊まって、それからサハラをバックパックで旅したわ。 最高の休暇だった!」 

好きな夏のグルメは?
「冷たいもの! いつもスイカのジュースを注文するの。 それにカキ氷かアイスクリーム、チョコチップかクッキーアンドクリームね」



植野有砂

BASED: 東京(日本)

DOES: Fig & Viperのデザイナー、クリエイティブディレクター。 DJ、ハウスプロデューサー兼シンガー、次作の音楽をもうすぐリリース予定。

INSTAGRAM: @alisaueno


湘南と鎌倉のクイックガイド

行き方 東京駅か品川駅から JR横須賀線に乗ります。

荷造り
アリサ・ウエノからヒントをもらって、全力で夏を楽しみましょう。遊び心のあるプリント、クールなアクセサリー、可愛いラッフルのディテール、クロップトップ。海辺のサーフィンの町にピッタリ合います。

食べに行くなら
鎌倉には、ビーガンにも肉好にもたくさんの選択肢があります。 アリサ・ウエノは、線路沿いの隠れスポット、伝統的な日本のカフェとスイーツの店、無心庵に連れて行ってくれました。 西洋風がお望みなら、Bills(ビルズ)でブランチをどうぞ。 


ビーチに行くなら
鎌倉にある3か所のビーチは広くて行きやすいですが、最盛期は混雑します。 時間があるなら、さらに南へ向かって森戸海岸や三浦半島もお勧めです。「今まで来たことなかったけど、絶対戻ってきたいわ!」と植野有砂は言います。

もの思いにふけるなら
ビーチから離れて、鎌倉の美しいお寺を訪れましょう。 6月なら明月院の紫陽花が満開ですが、一年中美しいところです。 あるいは、報国寺の竹の庭もお勧め。2千本もの孟宗竹の中で静寂に浸れます。


この夏、8人のグローバルなスタイルアイコンと一緒に、世界中のすてきな場所、8カ所を巡りました。 アイコナ・ポップのゴトランドを見るには こちらを、ファイヤー・アイランドでのパロマ・エルセッサーのスタイリッシュな姿を見るならこちらをクリックしてください。 

フィードに戻る
このページの先頭に戻る