シュテファニ・ギージンガーのミコノス島への避暑

夏一番の装いと、それを着るパーフェクトな場所。 ドイツ人モデルでInstagramのスーパースターが恋に落ちたギリシャの島の避暑へと連れて行ってくれます。

ギリシャ神話によると、ゼウスとティターン神族との大激戦があったのがミコノス島。ヘラクレスがオリンポス山から無敵の巨人族をおびき出し、のちに打ち破ったのもここです。 


有史以前の英雄たちの活躍を今につたえるものは、ミコノス島にほとんど残っていませんが、代わりに太陽の降り注ぐリゾート地にはもっと現代的な伝説的存在の雰囲気があります。リタ・ヘイワース、グレース・ケリー、マーロン・ブランド、ジャッキー・ケネディといったアイコンたちがここを隠れ家としていた1960年代から、小さな島の避暑地はボヘミアンな魅力の中心地でした。

ハリウッド黄金期の華やかさは今でも失われていません。ハリウッドの大スター、アスリート、ナオミ・キャンベル、オリヴィエ・ルスタン、カーダシアン/ジェンナー一族のメンバー数名を含むスタイルスターたちにとって、ミコノス島はずっと聖地として存在し続けています。


ドイツのInstagramスーパースター、Top Model優勝者、ストリートスタイルのアイコン、シュテファニ・ギージンガーは去年の夏(そして今も)、ミコノス島と文字通り恋に落ちました。 現在の彼氏マーカス・バトラー(そう、   YouTubeショーの)とはほんの少しの間付き合っただけで、世界で一番古い国へ旅立つことを決めました。

「ミコノス島で恋に落ちたの。 ここに来たのが一緒に過ごす初めての休暇で、ここにいたときに彼と恋に落ちたのは確かよ」シュテファニは島の小さいアンティークな空港に到着するなり言いました。「ここのすべてがあの旅行と私たちが過ごした時間を思い出させてくれる。 この島は素晴らしいわ」

隣に寝て話をしたり、星を眺めたりしたわ。 マジカルだった。


シュテファニ・ギージンガーのミコノス島での大好きな思い出
 

夏の初めの頃、ギリシャの島々に来ることは、シュテファニがずっと望んでいたことでした。一番美しい季節を最高のスタートで始めるために。

夏の好きなところは?
「すべて! 気候、日焼け、髪が明るくなって、メイクも薄くして、誰もがゴキゲン。 夏はダントツで一番好きな季節」


ここに来て最初にすることは?
「走りに行くわね。 朝、夜明け前のジョギングは、私が知る限りで最高の気分よ。 一人で町を探検できるわ。 砂の上を走るのはすごくいいワークアウトよ、結構きついのよ」

気になっている水着は?
「小さいビキニが大好き! 主に日焼けのラインを作りたくないからだけど、概して水着はよりエレガントなアピール力があると思うわ。 だから、ビーチクラブに行ったりするようなビーチでの社交には、いつもクールな水着を選ぶわね」

自分のボディで一番好きなところは?
「腕ね。 強いのよ! 女性の強い腕はパワーを表していると思うわ」

夏の夜の理想的な過ごし方は?
「友人たちと少し踊って、野菜と魚をグリルしてバーベキュー、その後地面に寝転んで星を眺めて人生について話したいわ。 ボーイフレンドと親友が一緒にいて欲しい。 ミコノス島のビーチにいたいと思うわ。 ここの雰囲気が大好きなの、ビーチもね」


この夏は何を着る?

「透け感のあるもの、デニムショーツ、ゆったりしたカラフルなトップス、ジーンズジャケット、レースアップとカットアウトのディテール。 オープンフラットシューズと、時には夜にキュートなヒール」

ミコノス島での一番の思い出は?
「これもボーイフレンドと行った旅行からね。 ある夜、バルコニーにマットレスを出して戸外で眠ったの。 隣に寝て話をしたり、星を眺めたりしたわ。 マジカルだった」

プール、それともビーチ?
「いつもビーチを選ぶわ」

バックパックの旅、それともラグジュアリーなリゾート?
「寝心地の良いベッドがあれば十分。 それさえあればどちらでも大丈夫」


シュテファニのミコノス島

行き方
5月から9月の間は、ヨーロッパ各国の首都からミコノス島行の直行便あり。アテネでしばらく過ごすなら、 ミコノス島への接続便はほんの15分から25分。 もう一つの良さそうな選択肢は、アテネから2時間のフェリーに乗ること。 ボンヴォヤージュ!

荷造り
どこへ行くにもジム用一式は必須。 それ以外に必要なものは、日焼け止め、サングラスをたくさん、ビキニ、ノイズキャンセリングのヘッドフォン。 一つだけ選ぶとすれば、ビキニ。 これは本当に必要。 休暇中は毎日、一日中ビーチにいるから。

ビーチに行くなら
アギオス・ソスティスが大好き。 静かでひっそりとしていて、地元の人たちや常連だけが知っている秘密の洞窟みたいよ。コラ(島の主要な町)の反対側で、人気のビーチクラブからはずっと遠いの。

食べに行くなら
ギリシャにいるときはギリシャの食べ物が欲しいわ。 スブラキ、ギロス、フェタチーズ、手に入る新鮮なフルーツや野菜が大好物。 毎朝、港に小さな市場が出るのよ。 そこへ行って新鮮なフルーツを買って、朝食後のおやつに食べるのが大好き。

踊りに行くなら
認めたくはないけれど、パーティーはそれほど好きじゃないの。 ミコノス島にワイルドな所があるのは知っているけど、私はここへ静けさを楽しみに来ているのよ。

人生について考える方法
走りに行く! 町から海か行きつくところまでジョギングするわ。 心がクリアになって、じっくり考えて、決断するのを助けてくれるのよ。

 

シュテファニ・ギージンガー

WHAT: モデル、SNSのスーパースター

BASED: ドイツのベルリン

INSTAGRAM: @stefaniegiesinger

TWITTER: @steffigiesinger

SNAPCHAT: steffi_gie

フィードに戻る
このページの先頭に戻る