デクラン・チャンのマストハヴルック4態

ストリートスタイルスターのようなオシャレがしてみたい? ならば香港のスタイルディレクター、デクラン・チャンを参考にしてみましょう。

デクラン・チャンはいつ見ても飽きないスタイルアイコンの一人。 パーカー、スニーカー、ショートパンツなどトラディショナルなメンズウェアを着ることが多いのですが、プリント、刺繍、重ね着をミックスする彼のビビッドなセンス(それにクラッチバッグのすばらしいコレクションも含めて)は、編集部の女子にとって枯れることのないインスピレーションの泉です。 

デクランはメンズマガジン『Men’s Uno Hong Kong』のスタイルディレクターですが、自らクリエイティブスタジオも運営しており、フリーのスタイリスト、アートディレクター、ブランドコンサルタントでもあります。 さらには、ストリートスタイルシーンで、フォトグラファーにも人気です。 このコーナーでは、アダム・カッツ・シンディングが香港で撮影し、デクラン・チャンが H&M のお気に入りアイテムを選びました。 

好きな デザイナーは?
「 ミウッチャ・プラダと彼女の仕事には心酔しているんだ。 彼女の2つのブランドの世界は、僕の審美眼に強い影響力を持っているし、ウェアは間違いなく僕らしいスタイルの強い基盤になっていると思うよ」

スタイルアイコンはいる?
「実はいわゆるスタイルアイコンはいないんだ。だけど、ロンドンのクラブキッズたちのファッションには、ホントにインスピレーションを感じる。個性を強く打ち出すミックスのしかたや、物おじしない態度は、ファッションに対する僕の情熱をかき立ててくれるよ」 

決まったスタイルはある?
「僕のスタイルは遊び心満点なんだ。たくさんの色や楽しい柄を取り入れるし、たくさんのストリートウェアの要素を、よりハイエンドなファッションスタイルにミックスする。 それに、重ね着に関しては実験的で、自分のファッションに新たな次元をもたらしてくれる」

地球上で お気に入り の場所は?
「海とオーシャンビューが大好きなんだ。だから、カリブ、スペイン、バリ、サムイ島のようなところの美しいビーチリゾートがハッピーな場所だね。 人里離れた場所の方がいい」

好きな 食べ物は?
「ベトナム料理のビーフフォーのヌードルスープ、間違いなく」

急いで出かけるとしたら、何を持って出る?
「 iPhone :)」

お出かけスタイルは?
「パーカー、クロップドパンツ、サンダル」

ファッションはなぜ重要?
「子供の頃からファッションに情熱があって、それが今も生き生きとしていて、衰えることがない。前へ進む原動力とエネルギーを僕にくれるんだ」

実はいわゆるスタイルアイコンはいないんだ。だけど、ロンドンのクラブキッズたちのファッションには、ホントにインスピレーションを感じる


デクラン・チャン
 

時間旅行ができるとすれば、どのファッションの時代に戻りたい?
「1990年代」

絶対に手放したくないアイテムは?
「レンズの入っていないメガネ。 あれを家に置いたまま外出はしないね、僕のシグネチャーなスタイルなんだ」

子供の頃、何になりたかった?
「夢想家」

絶対にやめられないファッションは?
「テレビで『ファッションポリス( Fashion Police)』(米テレビシリーズ)を見る」

会ってみたい人はいる?‬
「フォトグラファーのユルゲン・テラーにあって、仕事しているところを見てみたい」

今どうしても欲しいものは?
「たくさん寝ること」

最近、ビューティー方面の発見は?
「Chanel のサブリマージュ・フェイシャル・クリーム」


アダム・カッツ・シンディグは、Le 21èmeのフォトグラファーです。 Instagramはこちら からフォロー。 

デクラン・チャン

LOCATION: 香港

WHAT: Men’s Uno Hong Kongのスタㇽディレクター

INSTAGRAM: @declanchan

SNAPCHAT: declanchan

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る