ロシアのスタイルアイコン、H&Mのお気に入りアイテムを着こなす

作家やアーティストとして活躍するサーシャ・ミハルコフ(Sasha Mikhalkova)はクールでカジュアルなスタイリングがお気に入り。

伝説的映画監督ニキータ・ミハルコフ(Nikita Mikhalkov)を祖父に持つサーシャ・ミハルコフ(Sasha Mikhalkova) はロシア映画界のロイヤルファミリーの一人。 でも、ミロスラヴァ・ デュマ(Miroslava Duma)のオンラインマガジン「Buro 24/7」の記事を担当したり、画家として挑戦するなど、祖父とは違う道を選んできた彼女。 今回H&Mはスタイルアイコンとしてのサーシャ・ミカルコフに注目しました。 メンズウェアに遊び心のあるガーリーテイストをカジュアルに組み合わせる彼女(特にKenzoxH&Mのキルトドレスの着こなし!)が国際的なストリートスタイルシーンで脚光を浴びる日も近いはず。 

H&Mは現在お気に入りのH&Mアイテムのスタイリングを披露してくれるようサーシャに依頼。アダム・カッツ・シンディング(Adam Katz Sinding)がモスクワへ飛び、その姿を捉えました。 

好きな デザイナーは?
「ゴーシャラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)」

スタイルアイコンはいる?
「映画「卒業」のダスティン・ホフマン」

決まったスタイルはある?
「ヴィンテージリーバイスに、父や友人のクロゼットから拝借したメンズアイテムを組み合わせたファッション」

好きな 食べ物は?
「パン」

お出かけスタイルは?
「ワーカーズシャツとパンツ。 油性絵の具を使うから、この着こなしが一番楽なの」

ファッションはなぜ重要?
「ファッションで遊ぶことができるから。 人は皆遊ぶことが好きなのよ」

時間旅行ができるとすれば、どのファッションの時代に戻りたい?
「1930年代の日本」

絶対に手放したくないアイテムは?
「シンプルなペンシルスカート」

子供の頃、何になりたかった?
「ハスキー犬になりたかったわ」

絶対にやめられないものは?
「安物のシャンパン」

会ってみたい人はいる?‬
「ギオルギー・イワノフ(Georgiy Ivanov) (有名なロシア人作家・詩人)」

今どうしても欲しいものは?
「日の光。静物画に必要なの」 なかなか時間が取れなくて」

最近、ビューティー方面の発見は?
「実は石鹸があれば十分だということ」

サーシャ・ミハルコフ(SASHA MIKHALKOVA) 

WHAT: 作家、画家

LOCATION: ロシア・モスクワ

INSTAGRAM: @sashamikhalkova 

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る