グレイシー・メルセデスと夏の色調

LAを拠点にする女優でブロガーの彼女からヒントをもらって、今シーズンは明るく大胆に。

少し落ち込んでブルーなときは、グレイシー・メルセデスのInstagramのフィードを見てください。 ロサンゼルスの太陽、可愛い犬たち、シックな休日、そしてもちろんグレイシーの特徴的なスタイル (明るいカラー、女性らしいワンピ、クールな定番アイテムのミックス)はいつも気分を盛り上げてくれます。 編集部は、超シックなライフスタイルブロガーで女優の彼女に、最新のH&Mからお気に入りを選んでスタイリングの秘けつをシェアしてもらうようお願いしました。 


スタイルアイコンはいる? 
「ゾーイ・サルダナ。 私も女優で、体格と肌色も似ていて二人ともドミニカ人よ! だから、彼女がレッドカーペットにいる姿を見ると、自分の姿を鏡で見ているような気分になる時があるのよ(ずっとリッチで、有名な鏡だけど(笑))。 よく彼女のアンサンブルを見て『私も絶対着るわ!』って密かに思うの。彼女はレッドカーペットでリスクを恐れないわ、そこが大好きだし、いつも決して間違っていないのよ」

決まったスタイルはある? 
「私のスタイルは楽しくて、ヒップで、クール。 プリントと明るくて大胆なカラーが大好きで、トレンドも取り入れるわ。 でも、単にトレンドだからという理由で着ることは絶対にないわね」


好きな デザイナーは? 
「これは難しい質問ね、自分が何を求めているかによるから。でも私のお気に入りはハイディ・メリック、サンドロ、マーラ・ホフマン、それからChanelやGucciなんかのクラシックね。 でも正直、私はほとんどチェーンストアでショッピングするし、本当に特別なものにお金を掛けたいときやインスピレーションが必要なときにだけこういうデザイナーたちに目を向けるのよ」

地球上で お気に入り の場所は? 
「自分のベッド。 本当に。 旅行が好きで世界中の知らない土地に行くのは大好きだけど、我が家の自分のベッド、犬、夫の元に帰ることほど心地良いことはないわ」

着るものは気分、自信、個性に影響を与えるわ


グレイシー・メルセデス
 

好きな 食べ物は? 
「それはもう、たくさんあるわ。 食べることが大好きで、よく外食するのよ! 食べられないものはほとんどないし、新しいレストランを試すのは大好きな趣味の一つ。 でも、大好物を選ばなきゃならないなら、ママの作る炒めたチキンとアヴォカドを添えたライスと豆。 美味しいのよ! それか、ニューヨークにあるPrince’s Pizzaのペパロニのシチリア風ピザ、El Carmenの魚のタコス、LAにあるMozza Osteriaのものなら何でも...OK、ここで止めるけど、まだ続けられるわよ」

お出かけスタイルは? 
「私はよくリラックス感のある格好をするから、たいていジーンズ、面白いトップス、素敵なブーツかスニーカーかヒール、クールなバッグね。 ディテールも全部込みで私にピッタリ。 たいていシンプルなアイテムを着て、1つか2つ目立つ主張のあるものを合わせるのが好き。 だから、大胆なフローラルのトップスを着るならジーンズとシューズはクラシックにするわね」


ファッションはなぜ重要? 
「ファッションは表現の形で、個人を際立たせる手段だから重要。 着るものは気分、自信、個性に影響を与えるわ。パワフルだと思うの」

時間旅行ができるとすれば、どのファッションの時代に戻りたい? 
「80年代か50年代の二択よ! 80年代には子どもだったから少しはセンスあると思うけど、当時のファッションが大好きだからその時ホントに大人でいたかったわ。 アシッドウォッシュや巨大なパンツのようなド派手なものでも、大胆なカラーや肩パッドが何より大好きなのよ。 反面、上品で洗練された50年代ファッションに憧れているの。 ハイウェストのスカート、クロップドパンツ、ピッタリしたトップス。 幸運なことにこういうスタイルは現代にも関連性があるから、私は断然、両方の時代にインスピレーションを受けた服を着るのよ」

絶対に手放したくないアイテムは? 
「ブラウンとブラックのレースアップブーツを10年以上持ってて、捨てるつもりはないわ。 『古風な』乗馬靴だって言われたのよ、地味なコンバットブーツに見えるんだけど。 完璧に履き古していて私のお気に入り! 正直、今はもうめったに履かないけど、ルックを最高に引き立ててくれるから愛用しているのよ」


子供の頃、何になりたかった? 
「色んなものになりたかったわ。 覚えているのは、弁護士になりたかったこと、それからビジネスウーマン、次にリポーター、ダンサー、そして常になりたかったのは女優。 今ブログに加えて、ついに女優として仕事をしているわ。 他のことはやってないけど、分からないじゃない! 新しいことにトライするのに遅すぎることはないと思うから、60歳になったとき法律の学位を取るかもよ!」

絶対にやめられないファッションは? 
「デニムジャケット。 今10着くらい持っているわね、マジでありえないんだけど。 本当に必要なのは1着、トップスは3つだけ。 でも私は10着持ってて、私にとってはそれぞれに使い道があるのよ」

会ってみたい人はいる?‬ 
「メリル・ストリープ、ヴィオラ・デイヴィス、ケイト・ブランシェットと一緒に座って、演技の秘けつをすべて語ってもらいたいわ! 彼女たちの経歴とキャリアから知恵を借りるの。 3人ともすごい才能がある女優さん(当然)だから、いつか彼女たちの半分にでもなりたいと思っているの」


今どうしても欲しいものは? 
「マルガリータ。 でもいい?」

最近、ビューティ方面の発見は? 
「クラランスのリップバーム。 素晴らしいわ! 唇には完璧なモイスチャライザーね、私は口紅を塗るのが大好きだからすごく大事。 ひび割れたり乾燥した唇に口紅を塗ってもキュートじゃないもの」


アダム・カッツ・シンディグは、 Le 21èmeのフォトグラファーです。 彼の作品は @le21emeをフォロー。


グレイシー・メルセデス

WHERE: アメリカ、ロサンゼルス

WHAT: 女優、ライフスタイルブロガー

WEBSITE: StyleMeGrasie.com

INSTAGRAM: @grasiemercedes

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る