ソフィア・ロエのようにクラシックをアップデート

デンマークのブロガー、ソフィア・ロエはシンプルで天才的なスタイリングのコツをマスターしています。

お気に入りのブレザーに上級者っぽくベルトを締め、肩にさりげなくコートを引っ掛け、エレガントなフェイクファーにはシンプルなTシャツを合わせて… コペンハーゲン在住のブロガー、ソフィア・ロエはファッションガールのスタイリングのコツをたくさん隠し持っています。

ワードローブが面白くないと感じるときに頼りになるインスピレーション。デイリーなお気に入りをアップデートすることに関しては、彼女の腕はプロ級です。
スライドショーをスワイプして、ソフィア・ロエが最新のH&Mベストスタイルをどう着こなしているか見てみましょう。

好きな デザイナーは?
「私の母。 母は美しいホームアクセサリーをデザインするのよ。 でももちろん、私は母の全部が大好き」


スタイルアイコンはいる?
「70年代のビアンカ・ジャガー。 スーツを着ると超シックに見える彼女は素晴らしいわ」

決まったスタイルはある?
「シンプルだけどエレガント」

地球上で お気に入り の場所は?
「いつも心にコペンハーゲンがあるわ」

好きな 食べ物は?
「あー、それは難しい質問ね。 フードは何でも好きだから... でもランチはデンマークのスモーブロー(オープンサンド)に勝るものはないわね。 旅行中のデンマーク人に何が恋しいか尋ねると、間違いなくライ麦パンだって言うわよ」


急いで出かけるとしたら、何を持って出る?
「バッグ、セーター(凍えたくないわ)、スマホ。2017年にスマホ無しで何が出来るの?」

お出かけスタイルは?
「ジーンズ、クラシックなホワイトシャツ、ヒール。 場所を選ばないわ!」

ファッションはなぜ重要?
「ファッションは人に影響を与える力があるのよ、政治的にも環境面でも。そして何より大切なのは、個人としての自己表現の機会であること」


時間旅行ができるとすれば、どのファッションの時代に戻りたい?
「ドレスアップしてStudio 54(70年代のNYのディスコ)に一晩中いたいわね」

絶対に手放したくないアイテムは?
「一番穿き心地の良いジーンズ」

子供の頃、何になりたかった?
「疑いようもなく、いつも私はクリエイティブなことをしたいと思っていたわ。 子供の頃は、よく母の雑誌を切り抜きしてコラージュを作っていたのよ」


絶対にやめられないファッションの楽しみは?
「ネットショッピング。 ショップがどこにでもある都心部に住んでいるのに、さらにネットで服を注文しちゃうの」

会ってみたい人はいる?‬
「曽祖父母」

今どうしても欲しいものは?
「ビーチのある暖かいところで休暇」

最近、ビューティ方面の発見は?
「保湿する前にセラムを使うこと。 最近、GlossierのSuper Bounce(スーパーバウンス)セラムにハマっていて、すぐ使い切ってしまうのよ!」

 

アダム・カッツ・シンディグは、Le 21ème のフォトグラファーです。 彼の作品は@le21eme をフォロー

 

ソフィア・ロエ

WHERE: コペンハーゲン

WHAT: スタイルブロガー

WEBSITE: roediary.com

INSTAGRAM: @sophiaroe

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る