• Left: Marina in a cute vintage sundress from the 1980s, styled with this season’s voluminous take on the classic white shirt. Right: Marina wearing a linen safari jacket from the 1990s archive.

  • Left: Marina wearing a vintage two-piece suit from the 1960s, paired with this season’s best slingbacks. Right: Marina in a very cool fuchsia dress, made in the late ’60s.

  • Left: Marina in a men’s trenchcoat from the late 1960s, styled with this season’s wide trousers and a classic roll neck sweater. Right: Marina wearing a bright red vintage coat from the early 1990s.

  • Marina wearing a cable-knit, chunky vintage sweater from the early noughties.

  • Marina in a white shirt and a deconstructed jacket from 2008’s Comme des Garçons collab collection.

  • A/W17 – this season’s trendiest look is both retro and futuristic. Marina wearing a patent leather coat, styled with white ankle boots and a tight-fit roll neck sweater.

H&M 70年のあゆみ: アーカイブから厳選

H&Mの歴史をつぶさに振り返り、過ぎ去った時間の中にキーアイテムを見つけました。それは、今日と関連があるだけでなく、過去数十年の間も同じように関連がありました。

左: 1960年代のヴィンテージのツーピーススーツを着て、今シーズン最高のスリングバックを合わせたマリーナ 右: 60年代末のクールなフクシャのワンピースを着たマリーナ


1947–1967 創業当時
パデッドショルダー、膝丈のAラインスカート、くびれたウエスト。 1947年にスウェーデンの小さな町ヴェステロースでH&Mの1号店がオープンしたときは、あっという間に大評判になりました。 当時Hennes(ヘンネス、スウェーデン語で彼女のもの)と名付けられたストアは、他の同業者よりも低価格で、あらゆるスタイルの女性服を販売、新しいファッションの楽しみ方を提唱しました。 

左: 1960年代末のメンズのトレンチコートを着て、今シーズンのワイドなトラウザーとクラシックなロールネックのセーターを合せたマリーナ 右: 1990年代初頭の明るいレッドのヴィンテージコートを着たマリーナ


1968–1977 メンズウェアと急速な拡大
40年代と50年代、着こなし方はまだ保守的で、若い世代はその両親と同じような格好をするものだと認識されていました。 1960年代になると、これがすべて変わります。 大胆な色の短い丈のスカート、オプティカル柄、プラスチックパール、大きなアップヘアなどがこの時代に生まれました。 そしてこの頃、H&M創設者のアーリン・パーソンがハンティングと釣り道具のストアMauritz Widforss(マウリッツ・ウィドフォース)を買収、メンズウェアの販売を始めMを加えてH&Mとなりました。 会社は成長を続け国際的になり、ノルウェー、デンマーク、スイス、イギリスにも店舗を構えます。

「H&Mは私の欲しいものがすべてあるブランドだと思いながら育ったわ。 新聞にH&Mの広告入りの記事が掲載されているのを見た覚えがあって、ファッション愛好家にとっては間違いなく世界一の会社だと密かに思ったの」とクリエイティブアドバイザーのアン=ソフィー・ヨハンソンは言います。彼女は1987年にストックホルムの店舗のセールスアドバイザーからスタートしました。 

あまり信頼性がなくて他の小売店と同じだと見なされていたわ


80年代のH&M初代ヘッドデザイナー、マルガレータ・ファン・デン・ボッシュ
 

1978–1986 ファッション大手になる
1970代以前、H&Mのターゲットは主に女性と、手ごろな価格だけれどファッショナブルな服を求める男性でした。 70年代後半からは、グローバルなファッション大手への道を急速に歩んでいきます。

「80年代以前、H&Mはクールだとは思われていなかったの。 あまり信頼性がなくて他の小売店と同じだと見なされていたわ」とH&M初のヘッドデザイナー、マルガレータ・ファン・デン・ボッシュは言います。

フレアのデニム、ボヘミアンなワンピース、パンクの影響といったトレンドが主流になり、70年代80年代の消費者は、かつてH&Mが販売していたようなクラシックやトレンドに即した服に代わる、より若々しいものを求めるようになりました。 その結果として、H&Mは Impuls や Rocky のコンセプトを立ち上げました。現在のDividedに当たります。

左: 1980年代のキュートなヴィンテージのサンドレスをクラシックなホワイトシャツの上に着たマリーナ、今シーズンのボリュームのあるスタイリング 右: 1990年代のリネンのサファリジャケットを着たマリーナ


1987–1993: デザインに磨きをかける
「デザインチームにはメンバーが7人いて、6か国にストアがあったわ。 現在では何百人ものデザイナーとバイヤーがいて、68か国に4500のストアがあるのよ」

マルガレータ・ファン・デン・ボッシュは1987年にH&Mのヘッドデザイナーとして迎えられ、ブランドのコレクションを単なるベストプライスの服以上のものにするという使命を負いました。 チームが急速に大きくなるとともに、H&Mはファッション業界で影響力を持つようになりました。

「お客様の要望で、様々なコンセプトを開発したわ。 プレッピー向けにはAmerican Sportswearを立ち上げて、LOGGと改名したの」とマルガレータは言います。

「... そして80年代のトリコ、レッグウォーマー、キャットスーツを好む人たちには Clothes for Catsを立ち上げたのよ」とアン=ソフィー・ヨハンソンは笑います。

これはすべてインターネットが普及する以前、そしてコンピューターがデザイナーのツールとして使用される以前のこと。だからインスピレーションの源は、旅行、テレビ、数えきれないほどのフリーマーケットやヴィンテージストア通いだったのです。

「当時はすべて手作業。 ストライプ、チェック、すべての模様と形を手描きしたのよ」とマルガレータ・ファン・デン・ボッシュは言います。

「この頃がH&Mの人気が爆発した時代、 80年代 末ね」とアン=ソフィー・ヨハンソンは言います。 

2000年代初頭のケーブルニットのチャンキーなヴィンテージセーターを着たマリーナ


1994–2003: サステナビリティの導入
現在我々は、ファッションの未来がサステナブルでなければならないことを、かつてないほど良く分かっています。そして、25年近く前 H&M はその第一歩を記しました。  90年代半ばに開催した「 Nature Calling(ネイチャーコーリング) 」というコレクションが、その 初めてのコレクションでした。

「あれは当時の人々が想像したエコフレンドリーな服作りの縮図だったの、つまり無漂白のリネン、ココナッツのボタンや薄い色だけとかね。 あのコレクションはサステナブルな素材については、当時の流行の先端だったけど、もちろん今は同じノウハウじゃないわよ」とアン=ソフィー・ヨハンソンは言っています。

 90年代はずっとミニマリズムがトレンドだったので、H&M は世界最大のファッションリテーラーの一つに成長しました。しかし、このブランドはまだ世間で騒がれてはいませんでした。 1997年に PR 部門が発足、グローバルな大規模マーケティングキャンペーンを開始しました。2001年、初めての国際ファッションショーを開催。 グレース・ジョーンズ率いるスーパーモデル軍団と各国プレスがスウェーデンの首都から数時間離れた元採石場に集められ、H&Mの春夏コレクションのベストアイテムが紹介されました。

「私がここで働いている間で、90年代 後期と2000年代初頭が最も好きな時期だと思うの。 それは、ミレニアムの前後だけど、私たちのやっていることが本当に役に立っていると感じたし、みんなが私たちの作る服を好きになってくれた」とマルガレータ・ファン・デン・ボッシュは回想しています。 

2008年の Comme des Garçons コラボコレクションから、白シャツとデコンストラクテッドなジャケットを着たマリーナ


2004-2009 デザイナーコラボレーションの立ち上げ
ハイストリートファッションを抜本的に再解釈してきたH&Mのデザイナーコラボレーションは、数十年にわたって世界のファッション界に先例を示して来ました。

「それを実現できたことで、私たちは多くの人を驚かせてきたわ。そして、業界の多くの人たちがその成功と、私たちが生み出した美しいタイムレスなアイテムに衝撃を受けたの」とマルガレータ・ファン・デン・ボッシュは言っています。

「カール・ラガーフェルドはステキな人で、彼がチームと緊密に仕事する様に感心しちゃった」最初のデザイナーコラボレーションについて彼女はこう続けました。そのコレクションは2004年の秋に発売されると、数分でソールドアウトになりました。

カール・ラガーフェルドの後を受け、 伝説的なメゾンである Balmain、Versace、Lanvin から、歴史は浅いがアイコニックなブランドであるMarni、Isabel Marant、Erdemまで、16のデザイナーコラボレーションが続きました。 

業界の多くの人たちがその成功に衝撃を受けたの。


マルガレータ・ファン・デン・ボッシュ、デザイナーコラボレーションについて
 

「デザイナーコラボレーションの成功は、精緻で高度なコレクションを創造するH&Mの能力を証明しているわ」とアン=ソフィー・ヨハンソンは言っています。

デザイナーコラボレーションは大きな成功を収めましたが、H&Mのデザインチームは自分たちのデザインも売り出したいと思っています。

「H&M Studio コレクションを始める前は、プレスコレクションというものを作っていたわ。 自分たちのコレクションを雑誌やパリファッションウィークで見せたいと考えていたの。なぜなら、自分たちの作るものに自信があったし、自分たちのデザインに集中したい。それに、私たちも他の皆さんと同じ時間割で働いていて、いかに素晴らしいチームであるかを知ってほしいと思ったの」とアン=ソフィー・ヨハンソンは言っています。

2008年にはストックホルム本社で、新開発(New Development)デザイン部門が発足。そこではH&M Studio、Conscious Exclusive、そしてゲストデザイナーコレクションなど、H&Mで最もファッションに敏感でコンセプチュアルなコレクションが生み出されています。

A/W17 – 今シーズン最もトレンディなルックはレトロで未来的。 白のアンクルブーツとタイトフィットのロールネックセーターをパテントレザーコートに合わせたマリーナ。


2010-2017 コンシャスフューチャー
毎年のパリでのファッションショーと、世界的人気デザイナーやアーティストとのコラボレーションで H&M はファッション業界の一大勢力になっています。 その規模から H&M は責任を持つべきであり、過去数十年間サステナブルなファッション作りを常に進歩させつづけてきました。

クリエイティブアドバイザーで H&M のレジェンドであるマルガレータ・ファン・デン・ボッシュとアン=ソフィー・ヨハンソンを迎えて、われわれが今後提供してゆくべきファッションがどんなものか考査しました。

「私たちは、目標を設定したわ。2030年までに、使用する素材をすべてサステナブルなものにし、服作りもそれに合わせてサステナブルな素材を使います。 様々な新素材と新技術が、値段より値打ちのある服を作り、作りたい服を作り続けることを可能にしてくれると私は信じているの」とアン=ソフィーはキッパリと言いました。

アン=ソフィー・ヨハンソン、デザイナー アーデム・モラリオグル、マルガレータ・ファン・デン・ボッシュ、L.AのERDEM x H&Mイベントにて、2017年8月。


アン=ソフィー・ヨハンソン

DOES: H&Mクリエイティブアドバイザー

勤続年数: 30年。 アン=ソフィー・ヨハンソンは1987年にH&Mのセールスアドバイザーとしてスタート。


マルガレータ・ファン・デン・ボッシュ

DOES: H&Mクリエイティブアドバイザー

勤続年数: 30年。 マルガレータは1987年から2008年までヘッドデザイナーを務める。

私たちは、目標を設定したわ。 2030年までに、使用する素材をすべてサステナブルなものにします。


クリエイティブアドバイザー、アン=ソフィー・ヨハンソン
 


数で見るH&M

161,000 : 従業員

4,553 : 店舗

1947年:ヴェステロースに最初のH&Mストアがオープンした年

2007年: H&Mグループの一つとして初のCOSストアがオープンした年

68:H&Mのストアがある国

17:2004年以来のデザイナーコラボレーションの数



メンズデザイナーコラボレーション

2004年: カール・ラガーフェルド

2005年: ステラ・マッカートニー

2006年: Viktor & Rolf

2007年: ロベルト・カヴァリ

2008年: Comme des Garçons

2009年: マシュー・ウィリアムソン

2009年: ジミー・チュウ

2009年: ソニア・リキエル

2010年: Lanvin

2011年: Versace

2012年: Marni

2012年: マルタン・マルジェラ

2013年: イザベル・マラン

2014年: アレキサンダー・ワン

2015年: Balmain

2016年: KENZO

2017年: ERDEM



THE TEAM

PHOTOGRAPHER Hanna Tveite | Lalaland

STYLIST Columbine Smille | LundLund

HAIR Martina Senke | Mikas Looks

MAKEUP Anya De Tobon | Linkdetails 

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る