最高にクールな秋のフェイクファーを着たナキ・デパス

新進気鋭のモデルが今シーズンの象徴的なコートで輝きます。

ミューズ
どのショットにも優雅さや落ち着き、知性が滲み出るナキ・デパスには誰もが惹き寄せられ、見つめたくなるモデルです。 事実、彼女が2016年にBurberryの気品のあるショーでキャットウォークにデビューして以来、編集部はこの若きジャマイカ人に夢中です。 今や彼女はすでにランウェイのベテランです。 ニューヨークで彼女に会ったときは、ファッションウィークの超過密スケジュールの合間に一息ついたところでした。 

「ファッション業界は私が思っていたのとは全く違うわ。 最初はモデルになりたいと思っていなかったから、仕事をする前にやるべきことについて限られた知識しかなかったの。 キャスティングとか全体がよく分からなくて、ブッキングされるだけだと思ってた。 でも、今は仕事でたくさんの面白い経験をしてきたわ」


そう、ナキ・デパスはモデルを始めたころはあまり積極的ではなかったのです。 大学進学を心待ちにして、経理でのキャリアを夢見ていました。

「レポートとかを書くよりは、数字を扱うほうが好き。 数学が大好きで、経理の勉強をすれば経理関係のいくつものキャリアに挑戦できると思うの」

素材がすごく好き、それに色もいいわ


ナキ・デパス
 

でも、Saint International創設者でジャマイカの新進気鋭モデルを多数発掘したスカウトの天才、ドワイト・ピーターズに出会ってからは、ナキ・デパスはついに確信しました。 そして今、私たちはニューヨークのスタジオで今シーズンの プレミアム・エッセンシャル (一生モノのワードローブのマストハヴ)の撮影中なのです。 編集部は今シーズンのミューズとして5人の女性を撮影しました。一人一人がAW17になくてはならない基本的なアイテムを着ています。 スタイリストのイロナ・ハマーは、超ソフトでリッチなフェイクファーの、今シーズンの特徴的なコートをナキ・デパスに選びました。 ナキはもちろん、クイーンのように着こなしました。
「素材がすごく好き、それに色もいいわ」と彼女は言います。

あなたのミューズは?
「ママが私のミューズだと思うわ、切り離せない関係なの。 母はいつも私を勇気づけてくれて、私の決めたことには賛成してくれるし、こうして責任感のあるティーネイジャーになれたのは母のおかげ」


貴女にとってなくてはならないものは?
「私の人生で一番大切なものは家族。 私は家族優先で、どこよりも家族と一緒にいることが大好きなの」

あなたにとって美とは?
「私の考え方は、美とは単に外見だけでは無くて、人の内面と人間性も伴っているものだと思うわ」

これは着る人を瞬時にクールに見せてセンスを高めてくれるようなアイテムよ


デザイナー カタリーナ・フォシェット
 

フェイクファー
「ワードローブの必須アイテムは、退屈なものであってはいけないわ。これは着る人を瞬時にクールに見せてセンスを高めてくれるようなアイテムよ」とデザイナーのカタリーナ・フォシェットは言います。

今シーズン一番のフェイクファーは繊細なレトロ感が出るクラシックなシナモンのトーン。でもそれほどレディーライク推しでもないので、「何歳にならないと着られないっていうこともないわ、フェイクファーは間違いなく今シーズンのマストハヴの決定版ね」とカタリーナ・フォシェットは言っています。



今シーズンの プレミアム・エッセンシャル (一生持つようなワードローブのマストハヴ)のシリーズでは、全員、旬のミューズである5人の女性たちを撮影、この秋冬になくてはならない必須アイテムをそれぞれ着こなしています。 今シーズンのすてきなコートを着た女優で脚本家のココ・ボデルについては こちら を、完璧な白シャツを着たカミーユ・ロシェについては こちら を、今シーズンのブラックワンピースを着たモデルのプージャ・モルについてはこちらを、完璧なパワースーツを着たクリエイティブディレクターのエリアナ・ジル・ロドリゲスについては こちら をクリック。



ナキ・デパス

WHAT: モデル

WHERE: ニューヨーク

BEAUTY SECRET: 「笑顔の方がすてきよ(^^)」

INSTAGRAM: @nakidepass

 

THE TEAM

PHOTOGRAPHER: Alexandra Nataf | Bridge Artists

STYLIST: Ilona Hamer | Bridge Artists

HAIR: Conrad Dornan | Bridge Artists

MAKEUP: Chiho Omae | Frank Reps

MODEL: Naki Depass | Elite Models

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る