プージャ・モル、完璧なブラックドレスを着る

我らが秋のミューズ、プージャ・モルが今シーズン一番の投資価値のある、時と場所を選ばない永遠のワンピースのモデルになります。

ミューズ
プージャ・モルは飛び方を勉強中です。 

「コースで受講していて、このパイロットが教えてくれるの。 ちょうどJFK空港からコネチカットまで飛んで戻って来たところよ。 すごくナーバスになって、最初は「あーどうしよう、ヤバい」なんて思ってた。 でも上で空を見ていると、世界の頂上にいるような気分よ。 本当に美しくて、太陽、雲… すべてが止まってしまうわ」

プージャ・モルは、優しいと同時に激しい特徴的な微笑でほほえみます。 ファッション月間で大忙しの渦の真っただ中、それでも彼女と話していると静かなオアシスのように感じます。


「この中国の瞑想を習ったの、毎日やっているわ。 たった20分間やるだけでも、すごくリラックスできるの。 自分自身を落ち着かせて、物事に取り組む前に考えることはすごく重要」

次に取り組む冒険は?
「ニューヨークに引っ越すまでは、自分にこんな冒険心があるとは全く分からなかったのよ! このコースを修了してプロになりたいわ、そして次はどうなるか見てみましょう。 どこかの山から飛び降りるかも?」

私にとって、ファッションは着心地が良くなければならないの。


プージャ・モル
 

プージャ・モルの母親は、美しく賢い娘がモデルやアマチュア冒険家になるとは思いもしませんでした。 プージャはコンピュータ工学を学び起業家を目指していましたが、「たまたま」受けたモデルコンテスト(本来、運営の手伝いでそこにいた)で優勝したのです。その後は、モデルとしての経歴を積んでいる最中のようです。


今シーズンの プレミアム・エッセンシャル (一生持つようなワードローブのマストハヴのカプセルコレクション)の5人のミューズを考えたとき、プージャ・モルのシンプルなエレガンスが即座に思い浮かびました。(彼女はインドの古典舞踊カタックを何年もレッスンしていて、エレガントな身のこなしの源)もっと正確に言えば、プージャ・モルは私たちがこの先何年もワードローブのヒーローになると信じる服のモデルにピッタリだと思えたのです。 シンプルな長袖のブラックドレスはスタイリッシュで同時に着心地が良いのです。 日中の冒険家にとってのイヴニングドレスとでも言いましょうか。

「私にとって、ファッションは着心地が良くなければならないの」とプージャ・モルは即座に言いました。

美の秘けつは?
「私の母は超伝統的。 いつも私にココナッツオイルでメイクを落として、ナチュラルでオーガニックなものを使うように言うの。 顔をミルクで洗うのよ! 小さい頃、母が私にそうしたように、普通のミルクだけど」

今シーズン一番のブーツ(ミッドハイ、リッチなレザー)を合わせて。


デザイナー カタリーナ・フォシェット
 


ワンピース
「このワンピースは、夏のカフタンに相当すると思うわ」とデザイナーのカタリーナ・フォシェットは言います。 彼女とチームは、時と場所を選ばない心地良いエレガントなワンピースを作りたかったのです。

「タイムレスなアイテムよ。 でもストレートなシルエット、ドレープのディテール、グログランのベルトで、今シーズンはクールでトレンディなものになったわ。」今シーズン一番のブーツ(ミッドハイ、リッチなレザー)と、あるいはお気に入りのトラウザーと合わせましょう。

「これは本当に万能なアイテム」とカタリーナ・フォシェットは言います。

 

今シーズンの プレミアム・エッセンシャル (一生持つようなワードローブのマストハヴ)のシリーズでは、全員、旬のミューズである5人の女性たちを撮影、この秋冬になくてはならない必須アイテムをそれぞれ着こなしています。 今シーズンのすてきなコートを着た女優で脚本家のココ・ボデルについてはこちらを、完璧な白シャツを着たカミーユ・ロシェについてはこちらを、この秋人気のスーツを着たエリアナ・ジル・ロドリゲスについてはこちらをクリック。


プージャが着用しているワンピースとブーツは10月5からオンライン限定で販売予定です。 

 

プージャ・モル

WHAT: モデル

WHERE: ニューヨーク

INSTAGRAM: @poojamor

 

THE TEAM

PHOTOGRAPHER: Alexandra Nataf | Bridge Artists

STYLIST: Ilona Hamer | Bridge Artists

HAIR: Conrad Dornan | Bridge Artists

MAKEUP: Chiho Omae | Frank Reps

MODEL: Pooja Mor | Elite Models

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る