H&M Studio AW17 ファッション強化月間

編集部は世界中から10人のスタイルスターを集め、H&Mの新しいStudioコレクションの真価を問うことにしました。 彼女たちの役立つヒントや、誰もが羨むスタイルの着こなし方を読んでみましょう。


VANELLIMELLI、ドイツ

FULL NAME: メラニー・キーバック
AGE: 22
CITY: ベルリン
DOES: クリエイティブなこと
INSTAGRAM: @vanellimelli

あなたのH&M STUDIOルックについて教えて。
「断然オーバーニーのブーツに夢中よ! 先シーズンのものより少しチャンキーなところがいいわ。 スカートは目を引くし、着心地の良いセーターが全体のアンサンブルをすごくウェアラブルにしてくれるわね」

お気に入りのアイテムは?
「グレーのブレザーと、グレーのウールのロングコートが大好き。 すごく高級感があって、いろんなスタイリングがしやすいわ。 タイムレスなスタイルよ!」

ファッション月間の到来。 どの街に行く予定?持って行く3つのマストハヴは?
「まだ100パーセント確定じゃないけど、パリとニューヨークがお気に入りよ。すごいキャラクターとエネルギーがあるから。 必ず持って行くものは、特別なハットのセレクション、良質のレザージャケット、個性的なサングラスをたくさん」

ビューティー面のルックを教えて。 朝、お決まりのルーティーンは?
「大抵はナチュラルにするわ。 しっとりしたフレッシュな肌とキリッとした眉が私にとってマスト。 朝はいつもクレンザーで洗顔して良いモイスチャライザーを使うの。 少しだけコンシーラーを使って軽くコントゥアリング、あとは眉を整えるのに時間を掛けるわ。 でも、朝一番大切なものは、ダブルエスプレッソ!」

GOOGLEであなたの名前を検索すると、続いて「INSTAGRAM FILTER」と出てくるけど、 あなたの美学を教えて!
「私はアナログ写真の大ファン。 実際、35ミリフィルムで撮影するけれど、そうでなければAdobe Lightroomやスマホのいろんなアプリを使ってそう見えるようにしているの」


マリア・ベルナド、スペイン

AGE: 22
CITY: マドリード
DOES: ファッションデザイナー、スタイリスト
INSTAGRAM: @maria_bernad

H&M STUDIOルックの好きなところは?
「ストレートなラインとクリーンなカットの、マスキュリンで地味なスタイルが大好き。 スーツは秋冬にピッタリのオプションね」

ファッション月間の到来。 一番楽しみにしていることは?
「ショー全体をフォローしたいわ! 新しい作品とコレクション全部を見るのが楽しみよ。特にお気に入りのデザイナーね、もちろん」

ファッションウィークの定番アイテムってある?
「あるわ。 愛用のバッグと靴、使い勝手の良いものを選ぶようにしているわ。それから、バッグに入るような小さな本を持って行って、息抜きに読むの」

ファッションウィークの最高の思い出は?
「お気に入りのファッションウィークはいつもパリで、最高の思い出があるの。 初めて出席したファッションウィークで、信じられないくらい素晴らしかった」

…. 最悪なのは?
「時間を間違えて、ショーに大遅刻してしまったとき。 現場に着くと、遅れた私を待っていてくれたのよ(笑)」


リンダ・トール& レンウィ・ジュール、イタリア

AGE: 32歳
CITY: ミラノ
DOES: デジタルタレント / フォトグラファー
INSTAGRAM: @lindatol_ & @renwejules

STUDIO AW17コレクションを間近で見た感想は?
リンダ(以下L):「コレクションの多様性が気に入ったわ。 洗練されていて、ミニマルでエレガントだけどスポーティーなところもある。 まさに現代を生きるモダンな女性のためのワードローブ。 メンズウェアにインスパイアされているけれどフェミニンな形。 このコレクションなら際限なくミックスアンドマッチできるし、日中から夜までの着こなしが楽になりそうね」

あなたのワードローブに欲しい、この秋のマストアイテムは?
L:「ボリュームのあるスーツ、コーデュロイのトラウザー、柔らかいレザーのワンピース、ポルカドットのスリングバック、キルトのブランケットコート」

ファッション月間の到来。 どんな準備をします?
L:「それぞれの街のイメージにあったスタイルをいくつか用意するわ。 でも、正直に言うと、自分のスタイルをあまり考えすぎないようにしているの。 気分や天候に合わせて着るほうが好きだし、ファッション月間の準備には、よく寝てよく食べるようにしているの。強くなる必要があるから!」

これまでで、一番クレージーだったファッションウィークパーティは?
L: 「クレージーだった夜はたくさんあるわよ! でも5年前のニューヨークでのDsquared2のパーティーが何と言っても印象的だったわ」

ぜひ挑戦してみたいストリートスタイルの新しいトレンドは?
L: 「特にないわ。 私はトレンドを着るけれど、自分らしいスタイルであることがすごく大切。 ファッション月間は、少し独創的にするけれどデイリーなスタイルに近いものにするようにしているの」


ナターシャ・ヌドロヴ、イギリス

AGE: 29歳
CITY: ロンドン
DOES: モデル、インフルエンサー
INSTAGRAM @natashandlovu

あなたのH&M STUDIOルックについて教えて。
「私のスタイルは、心地良いけれどスタイリッシュであることがポイント。 トラウザーはすごく穿き心地が良いけど、十字型に走るサイドのディテールがシックなスタイルを引き立てているわ。 ストラクチャードシャツはコレクションから他のものをいくつも合わせられそう、私が着ているサイドが開いたタートルネックは下に何を着ているか見せることができるわね」

この秋絶対ほしいスタイルは?
「レザージャケットかトレンチコートの下にいろんなカーディガンを着て、ベージュとクリームの様々なトーンも選びたいわね。 カジュアルでもオフィスでも着られるコートが私にとってのマスト」

ファッション月間の到来。 どこに行くの?一番楽しみにしていることは?
「いつも地元のロンドンを楽しみにしているわ、ロンドン・ファッションウィークでは若い新進気鋭の才能をたくさん見られるから。 パリも楽しみなの、私から見て最高のストリートスタイルがあるの」

ぜひ挑戦してみたいストリートスタイルの新しいトレンドは?
「チェックのブレザーのトレンドに飛びついたわ。 2着持っていて、ロングコートのバージョンも買う予定。 それから、スウェットシャツに夢中なの。スポーツリュクスにドレスアップしている人たちを見ているから」

誰のスタイルを評価する?その理由は?
「ファッショナブルでスタイリッシュな素晴らしい女性はたくさんいるけれど、私はソランジュのスタイルが大好きで、彼女が次に何を着るのかいつも興味津々なのよ」


アリス・バルビエ & JS ・ロケ、フランス 

AGE: 二人とも27歳
CITY: パリ
DOES: カップルでブログ
INSTAGRAM: @jaimetoutcheztoi 

二人の出会いは?
A&JS: 「ずっと以前、ハイスクールで、12歳のとき! 可愛らしい10代の恋愛期間が数か月、でもその後別々の道を歩んで、そして5年前に再び巡り合ったのよ」

カップルとして、着るものを決めるときはお互いどういう風に影響する?
A&JS: 「好みが同じだからすごく簡単! 特定の撮影やイベントのときはお互い相談して二人が合うようにする、それが私たちの方法」

あなたのH&M STUDIOルックについて教えて。
A: 「モノクロのスタイルが大好き。 このロングのシルキーなワンピースはお気に入りの一つよ! オーバーニーのブーツとクロップドのロールネックと合わせたら、素晴らしく構造的なスタイルになるわね」

JS: 「僕はクレバーなディテールとヒネリの効いたミニマルな服。 パデッドジャケットに一目ぼれした、登山靴風のブーツにもね」

ファッションウィークの定番アイテムを3つ挙げるとしたら?
A&JS: 「個性的だけど履き心地が良い靴、いいバッグ、そして断然スマホのモバイルバッテリー!」

今シーズンのマストアイテムとその理由を教えて。
A&JS: 「いつもキャットウォークからインスピレーションをもらう。 トレンドはいちいち追わないけれど、大胆なグラフィックのスローガンやロゴを使うトレンドには、今や誰も抗えない」 

A: 「この秋冬のもう一つのマストハヴはポインティーブーツ。できれば楽しい色がいいわね、ベーシックな服を引き立ててくれるから。 それと、新シーズンは昔風のヴァイブがあるから、トラックスーツに投資する価値があると思うわ」


ガオ・イシュウ、中国

AGE: 28歳
CITY: 上海
DOES: ファッションブロガー
 

H&M STUDIOルックの好きなところは?
「コレクションのほとんど全部が好き! すごくモダンでシャープ、ファッショナブル過ぎないトレンド志向で、クールで都会的、シック。 スポーツウェアからのインスピレーションを反映したニットのトップスと、女性らしさを描いたグラフィティプリントのスカート、大好きよ。 スカートにニットのトップスとサイハイブーツを合わせると、マスキュリンなテーラリング感が出るわね。 でも私のお気に入りは、ヴィンテージ風のチェーンで私のネックラインを細く見せてくれるネックレスよ」

STUDIO AW17コレクションを間近で見た感想は?
「コレクションを見たとき、私のボーイッシュでフェミニンなファッションのニーズをH&Mは理解していると直感したのよ。 ほとんどが既に私のワードローブにあるものとミックスアンドマッチできるわ」

この秋ずっと着たいアイテムは?
「断然、バーガンディーのショートスカート。 ステッチと斜めのジップポケットのコントラストが効いたAラインのシルエットが大好き。 レザーのように見えるけれど実際は暖色のコーテッドウールで、グレー、キャメル、ブラウン、ベージュといった他の秋らしいトーンとすごく良く合うわ。 少しオーバーサイズのジャケットやシャツとの相性が良くて、シャープでコントラストが効いたセットになりそうよ」

ビューティー面のルックを教えて。 朝、お決まりのルーティーンは?
「ウィークデイは、軽めのフレッシュでナチュラルなメイク。 でも、カメラの前に立つときは強めのアイカラーとそれに合うリップを使って強調するわね。 私の美容ルーティーンはすごくシンプル、いつも15分でメイクを仕上げるわ。 何を着ようか悩むことはないし、いつも気分に応じて思いつくまま。 私、朝は素早く思い切りのいいファッションメーカーなのよ!」

出かけるまで5分しかなかったら 何をする?
「まさに、私が全体のルックを仕上げるおおよその時間よ。 まず一番に、履きたい靴を選んで、それからそれに合わせてアウター、トップとボトム、そしてアクセサリーを合わせていくの。 バッグに関しては、私が一番気にしないもので、できれば機能的なキャンバスのバッグを毎日使いたいくらい。 私は実用主義者なのよ!」


コートニー・トロップ、アメリカ

AGE: 30歳
CITY: ロサンゼルス
DOES: alwaysjudging.com創設者
INSTAGRAM: @alwaysjudging

H&M STUDIOコレクションでお気に入りのアイテムは?
「グレーのストラクチャードブレザー」

出かけるまで5分しかなかったら 何をする?
「洗顔、デンタルフロス、歯みがき、モイスチャライザーと日焼け止め、それからリップバームを付けて、髪をブラッシング、最後に眉を整えるわ」

この秋ずっと着たいアイテムは?
「低めカットのハイヒールポインティーブーツ、どの色が欲しいかはまだ分からないけど!」

ファッションウィークで最大の失敗は?
「天候に適したファッションにしなかったこと」

INSTAGRAMでは誰をフォローしてる?今、私たちは誰に注目すべき?
@perirosenzweig – s彼女は実在の人物の写真を撮ってアートディレクトしているの。今、私は彼女の撮影スタイルに夢中。 彼女は単なる遊びで写真を撮っているけど、すごい才能だわ!」


エリナ・オロフソン、スウェーデン

AGE: 25歳
CITY: スウェーデン、ストックホルム
DOES: Styleby Magazineのブロガー
INSTAGRAM: @eliinaolofsson

あなたのH&M STUDIOルックについて教えて。
「履き心地が良くてクールなブーツがお気に入り。 それと、ロールネックのパールのディテールが素晴らしいわ」

今シーズンのマストアイテムとその理由を聞かせて。
「今シーズンはたくさんの色を着たいのよ、特に赤と青。 他には、オーバーサイズのジャケット、キュートなトップス、ワイドなストレートのジーンズ、ポインティーヒール」

あなたの故郷のストックホルムにいるんだけど、 あなたの街で一番好きな場所は?
「中央にある島の一つ、セーデルマルムに住んでいるけど、私の大好きな場所よ。 美しい建物、公園、カフェがたくさんあるわ。 夕方に、ヴィータベリスパルケン公園の周辺を散歩して、景色を眺めるのが大好きなの」

ストックホルム・ファッションウィークが終わったばかり。 どういうところが好きなの?
「ファッションウィーク期間の雰囲気は本当に素晴らしいわ。 誰もがハッピーで街全体がお祭りムードになるもの! ショーは全部好きよ、友人たちとパーティーに行くのも大好き」

ビューティー面のルックを教えて。 朝、お決まりのルーティーンは?
「最近、より一層スキンケアをするようにしているの。 クレンザーとモイスチャライザーを使って、乾燥しないようにオイルをプラス。 いつも少しスモーキーアイにして、軽くピンクのルージュ、明るいリップ、眉をブラッシング」



H&M Studioは、9月14日から一部限定ストアと公式サイトで発売。

 

THE TEAM 

PHOTO: Oscar Meyer

STYLING: Ellen Pålsson Norberg

HAIR: Joanna Rask | Mikas Looks

MAKE-UP: Veronica Lindqvist | Mikas Looks

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る