Meet your pleat

プリーツとの出会い

プリーツスカートの誕生と、編集部が選んだお気に入りをご覧ください。

その誕生の物語
アールデコのジュエリー、密造酒業者、カットしたばかりのボブ、フェザーのヘアピース、そしてたくさんのプリーツ。 F. スコット・フィッツジェラルド著のアメリカ文学の至宝『華麗なるギャツビー』は、最もデカダンな時代の、最もグラマラスな場所が舞台。 しかし、魅惑的なのはモダンクラシックなストーリーと背景だけではありません。ファッションもそうです。 ギャツビーに登場するタキシードや燕尾服の男性と、スパンコール、レース、プリーツ(あるいはプリセ)たっぷりのスカートやドレスを着た女性たちは、多くの人々を魅了しました。

プリーツがファッションで最初の頂点を迎えたのが、狂騒の20年代、フラッパーの時代です。 でも技術としてのプリーツは何百年も前から使用されてきました(キルトを身に着けたバイキングやスコットランドの男性を思い出して)。 堅い布地を伸ばす実用的な方法でしたが、この時期まではファッション史に入っていませんでした。 

デカダンな時代が終わり、陰鬱な30年代40年代になると、プリーツスカートは現代女性のワードローブから長い間姿を消しました。その代わりに、高齢女性、ガールスカウト、図書館員、さらにはオタクの服と呼ばれるようになったのです。 

幸い、現代ではいずれも相応に復権しています。 これは、アイコニックなイタリアのレーベルが新しいクリエイティブディレクターを任命した結果とも言えるでしょう。 昨年、アレッサンドロ・ミケーレがGucciの実権を握り、大きなメガネとボウタイのブラウスでオタクを再びクールに仕立て上げ、大々的にプリーツスカートをランウェイに持ち込みました。 

格子柄の短いプリーツでも、ロングの薄いメタリックでも、あるいはレトロなベルベットでも、しばらくは存在感を持ち続けるでしょう。

この機会にプリーツを見直し、以下の編集部厳選リストからゲットしてください!



プリーツスカートのモデルはララ・ミューレン(Premier Management)。 ヘアは Lok Lau (CLM) 、メイクは Anya De Tobon (Link Details) です。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る