The endless appeal of the cashmere jumper

カシミアセーターの果てしない魅力

カジュアルシックの典型である衣類についてあなたが知らない5つのことを学びましょう。

1.中央アジアのカシミールから...
カシミア線維は人毛の1/5以下の細さで、世界で最も豪華で高価な天然生地です。その名前は中央アジアに位置するインドとパキスタンの境にあるカシミール地方に由来し、そこで数千年前に初めて編まれました。現在は、もちろんですが、カシミア山羊が世界中で繁殖されています。  

2....ローマ帝国へ – またその先へ
カシミア製品は100年以上ファッションアイテムです。裕福で勢力の強い古代ローマはこの生地を愛していましたが、帝国が滅びた際に、この高級素材はヨーロッパから数百年もの間姿を消し、ナポレオンで有名な、ヨーロッパの王室がこの非常に柔らかく温かい生地を再発見する暗黒時代の後まで、再浮上することはありませんでした。

3.セーターガールの誕生
1910年代と1920年代以前、スウェットシャツとニットセーターはファッションにおいてはステータスからは程遠いものでした。代わりに、それらはアスリートや、ただ暖かくしたい人たちのみが着るものでした。この状態はフランスのオートクチュールデザイナーたちが、実用的で温かい服に夢中になることで変わり、快適で自由な服装を求めるモダンな女性は、シックで相応しいものとしてセーターを見つけました。

4.ツインセット
アトランティックの反対側では、カシミヤセーターは、女優ラナ・ターナーがサスペンス映画They Won't Forgetで着た後、1937年に人気となりました。彼女の服装に影響されたデザイナーのクレア・ポッターは、スパンコール、ビーズ、スタッズで装飾したカシミヤセーター を創作しました。カシミヤカーディガンとペアにしたツインセットが生まれ、50年代と60年代のアメリカのファッションの重要要素となりました。

5.カジュアルエレガンスの典型
1920年代に発明されて以来、カシミヤセーターは選び抜かれたワードローブの中心となりました。オフィスでの日中や寒い日の屋外で重ね着するのに最適。シルクのようにスムーズな生地は健康的かつ軽量で、同時に色や形が無限にあります。カシミヤセーターを祝い、下のH&Mのお気に入り商品をお買い上げください!

 

THE TEAM

PHOTOGRAPHER Andreas Sjödin

DIRECTOR Andreas Sjödin

STYLING Lisa Lindqwister | Lund Lund

DOP Max Larsson

MODEL Alima Fofana | W360

HAIR Lok Lau | CLM Agency

MAKEUP Anya De Tobon | Link Details

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る