Why hoop earrings are the ultimate accessory

なぜ、フープイヤリングが究極のアクセサリーなのか

太古の昔から存在し、パールのピアスと同様にクラシックなものです。 より個性的なだけ。

ピアスは最古の身体改造です。 それを証明すべく編集部は、考古学者たちが世界最古の帝国の男女の墓から発掘したものを研究(文字通りではなく)しました。 どうやら、世界中の人々が何千年も鼻や耳たぶに穴を開けてきたようです。 耳のピアスはいまだに最も一般的な身体改造で、毎分何人もの人が新たにピアスを開け続けています。

イヤリング(そしてジュエリー全般)の本質は、顔をより美しく見せることです。 フープはまさにその役割を果たしています。 常に身近にあったクラシックな型です。 とはいえ、その評判はイヤリングそのものほど美しいものではありません。 

永遠のトレンドセッター、ブリジット・バルドーは若い頃フープイヤリングを好み、こぶし大のものを揺らせていました。 このアイコンが愛した他の服やアクセサリー同様、フープイヤリングもワードローブ(より正確にはジュエリーボックス)の中心となりました。 バルドーは50年代、60年代、70年代のリヴィエラのグラマラスで豪華なライフスタイルの象徴でしたが、フープイヤリングはItアクセサリーとして、それほどぜいたくではないサブカルチャーや環境に適応していきました。

70年代には、スタジオ54のディスコクィーンだけでなく、パンクスが身に着けていました。パンクスたちは安全ピンとフープの中間を選びました。 その後、90年代、2000年代の女性R&B歌手やヒップホップのスターたちがフープイヤリングを付けて音楽性と独自のスタイルを強調しました。 ジャネット・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、ネリー・ファタードといった強くてクールでファッションに敏感な女性たちのおかげで、フープイヤリングは激しさと強さの象徴となりました。 

フープイヤリングは個性的なパールのピアスのようなものです。ラナ・デル・レイからキム・カーダシアンまで、フープのファン同様わたしたちも大好きなのです。 

タイムレスなフープを称えて、編集部が厳選したお気に入りを下からブラウジングしてください。 イヤリングが物足りなければ、 現在H&Mで入手可能なベストスタイルのファッションストーリー特集をチェック。



フープイヤリングのモデルはララ・ミューレン(Premier Management)。 ヘアは Lok Lau (CLM) 、メイクは Anya De Tobon (Link Details) です。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る