H&M HOW TO DO THE ONE-LEGGED CROW

ワンレッグド・クロウ(一本足のカラス)のやり方

プロっぽいポーズなら、ワンレッグド・クロウでしょう。 この上級ポジションをマスターするには、経験と腕力、そして自信が必要です。

難度: 5 / 5

ワンレッグド・クロウは、ヨガでは最も難しいポーズの一つ。バランス、コア、上半身の筋力が要求されます。 ポーズにトライする前に、簡単なポーズやジムの雲梯などで十分時間をかけて力をつけてください。 

今すぐできなくても焦る必要はありません。 ワンレッグド・クロウは力だけではなく、忍耐力も必要なので時間を掛けましょう。 とは言え、ヨギでH&Mスポーツアンバサダーのパトリック・ビーチは、超難関で有名なポーズを3つのステップでガイドします。

STEP 1
プランクのポーズから始めます。膝を胸に引き寄せ、床から出来るだけ離して15秒保ちます

STEP 2
15秒経ったら、同じ脚を空に向かって伸ばします。 これがスリーレッグド・ドッグ(三本足の犬)のポーズです。 クロウはまだ早いと思ったら、ここまでにして切り上げます。 挑戦したかったら、次を読みましょう。 

スリーレッグド・ドッグのポーズになったら、頭を下ろして両ひじの間に入れ足元を見ます。 脚は上げたままです。

STEP 3
上げた脚を同じ側の上腕三頭筋まで持ってきて保ちます。 可能なら、両ひじを曲げて胸をカーブさせます。 両手の間から、後ろの脚が地面から上げられるかを見ます。 

 

パトリック・ビーチとアマンダ・ビスクによる他ののワークアウトは こちら。 パトリック・ビーチについて詳しくはこちら。

フィードに戻る
このページの先頭に戻る