80年代への回帰

80年代への回帰

大好きな時代が戻って来ました。80年代のパーティーに行けるような完ぺきなアイシャドウパレットです。

パーティー向きのメイクにするときは、目元か口元のどちらかに焦点を置くというルールを聞いたことがある? そんなルールは目じゃありません! 80年代メイクのルックは楽しさ満載、アクセントを置くところなんか決める必要ナシ、すべてに全力を注げばいいのです。

この80年代パーティールックの現代版では、Curated Eye QuadのThe Eyes Have itのセットを選びました。 まずは、ダークパープルのアイシャドウを目尻に付けます。 クリース ブレンディングブラシを使って、シャドウをまつ毛の生え際と眼のくぼみに向かってなじませます。

次にアイカラーブラシを使って、明るいピンクのアイシャドウをまぶたの真ん中から目頭と眉毛に向かってなじませ、眉毛の下にはゴールドのアイシャドウをハイライトとして付けます。

仕上げは小さいシェーディングブラシを使って目の下にアイシャドウをなじませます。 ここではパレットのグレーを使い、目尻でパープルと軽くつなげます。

チークはナチュラルにするのが今風のルック。でも完ぺきな80年代風にするには、鮮やかな色のマットなリップ(ここではMatte Lip ColourのBest Dressedを使用)をお忘れなく。

 

TEAM:

PHOTO Hedvig Jenning | Mink Mgmt

MAKEUP Linda Gradin | L’Atelier NYC

HAIR Martina Senke | Mikas Looks

MODEL Ruby Campbell | Premier Model Management

PHOTO ASSISTANT Mark Arrigo

MAKEUP ASSISTANT Johanna Nordlander   

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る