大胆で、明るく、鮮やか

大胆で、明るく、鮮やか

大胆なパープル、パワフルなレッド、グロッシーなピーチでリップスティックのワードローブをアップデート。

ルックをキメよう: パープルの鮮やかなリップ
少し勇気を出して、でもエッジはソフトに。

必要なものは
Cream Lip Colour(クリーム リップ カラー)、色は Orchidding me(オーキッディング ミー)

大胆な色のリップを付けるときに大事なのは、好みの色を見つけるだけではなく質感も。 ちょっぴり勇気を出して、自分の肌や髪の色に少し合わないような色にトライ。マット過ぎずグロス過ぎず、クリーミーなリップを選びます。 ソフトなエッジを目指して、塗って形を描いたら指で端を整えます。 Orchidding Meという大胆な色(と驚くような名前)だけれど、これでリップがナチュラルに見えます。

ルックをキメよう: マット、レッド、クラシック
何よりも一番クラシックなリップ— バージョン2.0

マットにしたレッドのリップは、一番クラシックなリップのルックにエッジを加える効果大。 ドライな質感を選ぶなら、使う前にスクラブをするのが定石。 リップがムラにならないようにSugar Lip Scrubを使って乾燥した角質をすべて取り除きます。 それからMatte Lip ColourのHead Over Healsを自然な唇の形に沿って付け、リトラクタブル リップブラシで外側のラインを埋めます。 境界線は超シャープに、ちょっぴり大げさに形を強調してみて。 

ルックをキメよう: シアーに輝く リップ
さり気ないリップで夏肌を語らせましょう。

必要なものは
Sheer Lip Colour(シアー リップカラー)、 色は 色はMad About You(マッド アバウト ユー)
Lip Shine (リップシャイン)、色は バミューダ サンド
Control Chic Mascara(コントロール シック マスカラ)、色は ブラック
Do-it-all Stick(ドゥ イット オール スティック)、色は Rose Coral(ローズ コーラル)

大胆なパープルやクラシックなリップはちょっと? ご心配なく、夏に軽めのリップなら間違いありません。 温かみがあってナチュラル、ピーチ系の色は使いやすくお出かけ向き。 極上のツヤとしっとり感を出すために、ここではSheer Lip ColourのMad About YouをLip ShineのBermuda Sandの下に使っています。 さり気ないリップに対して、Control Chic Mascaraを使いチャンキーなマスカラのルックに、Do-it-all StickのRose Coralでチークはナチュラルにします。

 

TEAM:

PHOTO Hedvig Jenning | Mink Mgmt.

MAKEUP Linda Gradin | L’Atelier NYC

HAIR Erika Svedjevik | Link Details

MODEL Amelia Milne | Muse NYC

PHOTO ASSISTANT Mark Arrigo

MAKEUP ASSISTANT Johanna Nordlander

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る