7 beauty essentials for a perfect Valentine’s Day

バレンタインデーに向けの7つの必須ビューティーアイテム

…. そして他の日にも、 恋する表情(自然に紅潮しますね)は素晴らしく万能。チークと仲良くなって、眉を整えるだけ。

クリームチーク
みずみずしくナチュラルに見せるには、クリームチークが最適。文字通り肌に溶け込み、コントロールしやすいからです。 ファンデーションのすぐ後に指で(体温で色が美しく広がります)、あるいはブラシで薄く伸ばします。 必要なら、境界線をぼかします。 もし付け過ぎたら、ファンデーションに使ったブラシでサッと刷くかスポンジで軽く落とします。

ワンポイントアドバイス: オイリー肌の場合やメイクを長時間、長持ちさせたい場合は、クリームチークと同系のパウダーチークを用意しておきましょう。

インビジブルパウダー
ベースとチークを完璧に整えたら、当然すべてをセッティングパウダーで固定したいですね。 透明なカバーなら、下の色を台無しにせずに不要なテカリも抑えてくれます。 ブラシでパウダーを肌に軽く乗せて(ふわっとではなく)いきますが、特に皮脂が出やすいところ(通常Tゾーン)は念入りに。

ワンポイントアドバイス: 粉っぽく見えるなら、水かあるいはフェイシャルミストを顔にスプレーして粉っぽさを防ぎます。

先細ピンセット
チークに焦点を置くなら、キレイに整えた眉も必須。 眉の形を整えるのは上手くなったのに、余分な細い眉毛、取り除きにくい短い眉毛、あるいは、アッ!埋没毛には、先細のピンセットが救世主。 眉毛の代わりに皮膚を引っ張らないように注意しましょう!

ワンポイントアドバイス: ネイルアートで使うなら、先細のピンセットは小さなラインストーンやデカールをつまむのに最適。

アイブロウペンシル
自分らしく、でもより美しい眉にするためには、先細のペン先で滲まない精密なアイブロウペンシルが最もナチュラルな眉毛を描けます。 ほんの数回描き足せば(削る必要もありません!)、どんな薄い眉でも形を整え、隙間を埋めて豊かな眉になります。反対側のブラシでなじませれば完璧。

ワンポイントアドバイス: 眉毛が生えている方向に、短く上向きに描きます。 必要なら延長して隙間を埋めます。 そして、すべてを明るい所でやりましょう!

リップペンシル
言うまでもなく、恋する表情には柔らかい、キスしたくなるようなリップも必要です。 ニュートラルな色調で保湿効果の高いリップペンシルは、唇の乾燥を防ぐだけでなくリップライナーが不要になり、全体的によりソフトで親しみやすい仕上がりになります。 ルシャスピンクやピーチも魅力的。

ワンポイントアドバイス: 丸い先端できれいな輪郭が描けますので、削り過ぎないようにしましょう。

光沢ネイル
何にでも合うネイルカラーが欲しいけれど、もう少しパンチを効かせたいときは、淡いホログラフィックなパールがいいでしょう。 完璧にするには慣れが一番ですが、利き手じゃない手でネイルを塗るコツは、ブラシを固定しておいて利き手を前後に動かして、一つの爪を3回(真ん中と左右)で塗ることです。

ワンポイントアドバイス: パールで遊ぶこともできます。鮮やかな色の上に重ね塗りして、独特の色調に。

ソリッドパフューム
役に立っているからと言って、香りの力を侮ってはいけません。 シナモン、バイオレット、アンバーの、暖かみがある香り高いミックスはとても魅惑的。 そしてソリッドパフュームタイプはスプレーよりも濃厚で長持ち。 プラス、付ける箇所や量も調整しやすいのです。

ワンポイントアドバイス: 缶入りだから携帯にもすこぶる便利。ハンドバッグやメイクポーチに入れておき、必要な時に付け足したりデート前の香り付けに。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る