サステナブルなスタイルの研究

サステナブルなスタイルの研究

ジュリー・ペリパスと一緒に、コンシャスなホリデーのショッピング

ジュリー・ペリパスは、ファッション界のカルト的存在。 彼女の名前は知らなくても、ジュリー・ペリパスのスタイル(メンズウェアのテイラーリングに、レベルアップした意外なディテールの組み合わせ)は一目瞭然。 ペリパスはクラシックで同時に先進的なミニマリズムを体現しています。 彼女のエフォートレスでシックな感性は、ファッションに対するサステナブルな取り組みから影響を受けています。「常に長く愛用できる服を選ぶべき、できればリサイクル素材から作られたものが望ましいわ」 

ウクライナ版『Vogue』の人気スタイリストでファッションディレクターとしても活躍中のペリパス。彼女は、プラスチック汚染に対する意識を高め、使い捨てプラスチックのサイクルを終わらせるために活動している非営利団体No More Plastic Foundationのアンバサダーでもあります。 今年のホリデーシーズンの願いごとを尋ねると、「プラスチックごみを少なく」と答えました。この願いごとは、再生プラスチックを使った冬用の服で実現しました。 その一つが、ペリパスがキャンペーンで着ている、この夢見るようなクリーム色のラッフルニットセーター。リサイクルポリエステルを使用しています。 

ペリパスのスタイル哲学は、買う量を少なめにして賢く選んで服をより長持ちさせる、意識の高いショッピングをするべきだということ。 彼女は独自の美学で、ヴィンテージスーツをアップサイクルしてこの信念を現実化しています。

すでに持っているものをもっと大切に。 服を直して、修理して、アップサイクルすること。

今年は、再生プラスチックを使ったコンシャスな冬の定番を選んで、サステナブルなホリデーシーズンのギフトを贈りましょう。 

Julie Pelipas Editは、12月3日オンラインで発売です。

 

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る