H&M Studio AW18を着たリリ・ラインハルト

TVドラマ「リバーデイル」のスター、リリ・ラインハルトが、新しいH&M Studioコレクションのベストルックを着て、ファッション、スキンケア、ペネロピ・ブロッサムとの結婚(バグヘッドシッパーズの皆さん[注:同番組のファンの中でジャグヘッドとベティのカップルを推している人]、ご心配なく。これはゲームの話。)について語ってくれました。

あなたはダーク・ベティ・チーム、それともパステル・ベティ・チーム? 編集部はどちらも大好きですが、それよりも、リリ・チームです。 体形の問題や、精神的な葛藤、完璧なレッドカーペットのスターらしく生きていくプレッシャーについて、自分の意見を臆することなく口にする(「私の髪はたいていボサボサになってる」と、この夏『ハーパーズバザー』誌に語っています。)リリ・ラインハルトは、今現在の10代が自ら待ち望んでいた若者の模範なのです。

ファンにとっては大いにフラストレーションがたまるところですが、彼女の(多くて激しい)恋に対する疑惑を、上品に対応するやり方さえ感心させられます。

ではプライベートライフでは、リリ・ラインハルトのファッションはどうなっているのでしょう。 スタイリングに関しては、今でも隣の女の子感を失わない彼女。 でもこの人だけは、平均的な隣人より遥かにクールでシックでトレンディ。 最新のH&M Studioコレクションを身に着けても、どれもサマになっています。 

肩ひじ張らずにシックなリリ・ラインハルトは、 リバーデイルの ベティ・クーパーとは違って、まさに彼女自身。多面性を持ち、主張することを恐がらない若い女性です。 

「ここ数年で、ファッションは自分にとってますます重要になって来たわ。 少し前に、ティーンエージャーの頃からずっと持っている服がたくさんあることに気付いて、それを着ると若くなったような気がしたの。 古い服にサヨナラを言ってクローゼットを一新する大英断をしなければならなかったわ。 気合を入れてオシャレするナイトアウトの時だけじゃなくて、自分が着る物すべてに対して、スタイリングセンスの自信がある女性になりたいと思ったからね。 その結果、特徴的なアイテム、例えばすてきなブーツ、キレイなジーンズ、レザージャケットとかにお金をかけることになって、普段のスタイルがもっとエッジの利いた洗練されたものになったわ」

彼女のワードローブはいつもシンプル。 ヘンなものはないわ。 自分自身のスタイルがベティのスタイルの進化に近づいていってると思うの。


リリ・ラインハルト、ベティ・クーパーのスタイルについて
 

スタイルを決定づけた瞬間はある?
「自分が着ている服のお陰で、本当の自分を感じた瞬間は何度かあるわ。 今年のCFDAに着て行ったブロックドレスは、本当にすてきな気分にさせてくれたの。 洗練されていてセクシーだけど、同時にとてもフェミニンで慎み深いと感じた」

スタイルに関してはダーク・ ベティそれともパステル・ ベティ?
「ずーっとパステル・ベティ」

 リバーデイルの 全キャラクターの中で、ワードローブを交換したいと思うのは誰?
「ここで正直に言うと、たぶん私はベティのワードローブを選ぶと思うわ。 彼女のワードローブはいつもシンプル。 ヘンなものはないわ。 自分自身のスタイルがベティのスタイルの進化に近づいていってると思うの。 ワンピースにクールなフラットシューズやスニーカーが好きだから、番組に出ている他の女の子たちには、ベティのために控えるよう進言するわ」

15才の自分にひと言アドバイスできるとしたら、なんて言う?
「アドバイスするとしたら... 外へ出かけなさい、自分が居心地の良い場所へ。 内にこもっているのもいいけど、普通なら経験しない探検をするよう自分を駆り立てて、新しい人々と係わりを持つ経験は、あなたに大いに役立つわ」

あなた自身の高校生時代とベティ・クーパーの似ている点は?
「 ベティの高校での体験で、私と最もよく似ているのは、良い成績を取らなければならないことね。 私は学校でいつも良い点だったけど、たぶんベティの成績表もほとんど同じだと思うの。 その外に? ベティは私より学校との係わりが深いわね。 彼女は学校新聞を発行し、チアリーダーに入って、生徒会長に立候補し、学校のミュージカルに出演した…  私は間違いなくそこまで学校行事に参加しなかったわ」

模範としてやっていくプレッシャーとはどう戦うの? 
「私もミスしちゃうのは仕方ないと思っているわ。 誰もが、私は模範となる人なんだから完璧だと思っている。 でも、それは実際の私から受ける印象ではないわ。 しくじったり、失敗したりしない人であるような振りはしたくないの。 それは、嘘の広告になるわ。 私が模範的な人であるのは、自分の欠点を受け入れて、それについて話すことを恐れないからよ。 それは、到底耐えきれない時もあるわ... でも私と同じプレッシャーを経験しているキャストの仲間たちがいてくれるから気が楽。 私たちは皆若くて、人として学び、成長している最中... 彼らがそばにいてくれて幸せだわ。」

実現してみたい夢を3つ。 
「日本の藤のトンネルが見たい。 ずっとピアノを弾いてみたいと思っている。 ママをパリに連れて行きたい」

ファンからの贈り物で、今までで一番ヘンな物は?
「変わったものを贈られたことはないわ。 ファンから花をもらったりするけど、一度食べられる花だったことがあって、それは素晴らしかった。 海外のキャンディーも良くもらう、 手縫いのベティの人形をもらったことがあるの」

私たちは皆若くて、人として学び、成長している最中... 彼らがそばにいてくれて幸せだわ。


リリ・ラインハルト、リバーデイルのキャストについて
 

ちょっとゲームをしましょう。 ブラック・フッド、ハイラム・ロッジ、ペネロピ・ブロッサム。 デートするなら、結婚するなら、永遠に消すなら?
「ブラック・フッドを消すわ、理由は明らか。ペネロピと結婚したい、彼女は少なくとも人は殺さないから、知ってるでしょ。それでハイラムとデート、その選択肢しか残ってないから」

これまでの経験の中で最も「夢のよう」だったことは何?
「『コミコン』に行くたびにホントにシュールだと思う。 今年は私の顔がホテルのキーカードになっていた。 私にとってはとても変なことだったわ。 それから、自分の顔を巨大なポスターや看板で見るときも... それが私だと信じられないわ。 自分自身でこんな人生は夢見ていなかったから時々信じられないの」

あなたがスキンケアに詳しいことは知っています。 一番のアドバイスは何ですか? 
「スキンケアで一番のアドバイスは若いうちから始めること。 お肌の手入れをするのに若すぎることはないわ! 今、私がお肌につぎ込んでいる努力と投資は、70才になったときに報われて、あまりシワが出ないことを期待しているの」

H&M Studio AW18は9月6日より、全世界一斉発売。 リリ・ラインハルトは現在カナダのバンクーバーで、スマッシュヒットシリーズ『リバーデイル』シーズン3の撮影中です。 待ち切れませんね。 

 

リリのH&M STUDIO LOOKS

生デニムルック
夏のライトウォッシュの穴あきジーンズにはサヨナラを言って、レトロクールな生デニムで新しいシーズンを迎えましょう。 シンプルなTシャツか、お揃いのデニムシャツでコーデを仕上げましょう。 

マゼンタをミックス
着心地のいいニットとチャンキーブーツを待っていませんでした? 今シーズン、マストなセーターは大胆なカラーブロック。 お似合いのスカートを合わせましょう。写真は、この秋一番トレンディなカット ― ふくらはぎ丈。 

オプティックプリント
そうです、今シーズンは全身統一ルックが主流。 このオプティックプリントならファンシーなナイトアウトから、重要な仕事のミーティング、ファッションウィークまで、合わせるアクセサリーを変えるだけで対応できます。  

レザースカート
「ミディスカートにはスティレットヒールでシルエットのバランスを取りなさい」こんな言い古されたアドバイスを聞いたことない? それは、もう忘れましょう。 今シーズン、ファッショナブルな女の子はみんなミディ丈のスカートにチャンキーブーツ。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る