• Jennifer Hudson in H&M, Getty Images.

  • Lucky Blue and Pyper Smith, Getty Images.

  • Ciara, Getty Images.

  • Amber Valletta, Getty Images.

  • Hailee Steinfeld, Getty Images.

H&M を着てメットガラに登場したトップセレブたち

メットガラはおそらく世界一ファッショナブルなイベントです。 シアラ、ジェニファー・ハドソン、ヘイリー・スタインフェルド、パイパー・アメリカ・スミスとラッキー・ブルー・スミスの姉弟、アンバー・ヴァレッタをご覧ください。この夜ほど H&M にふさわしいシーンはないでしょう。

「メトロポリタン美術館コスチューム・ベネフィット」というより「メットガラ」と言った方が分かりやすいかも知れませんね。業界でも最も華やかなファッショナブルナイトのひとつです。 そして、デザイナーやブランドにとっては、誰がそのメゾンの服を着て出席するのかが一大事なのです。

今年、H&M は多くの魅力的な人たちにカスタムメイドのスタイルを提供しました。 今回のガラのテーマは「ファッションとテクノロジー」。近日メトロポリタン美術館で開催される展覧会「Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology(手仕事x機械:テクノロジー時代のファッション)」に因んだものです。 この展覧会では、 機械と手仕事で作られたファッションが対比して展示されます。これにインスピレーションを受けた H&M のデザインチームは、手作業の刺繍からレーザーカッティングまで、さまざまな技術を注ぎ込みました。 

こんな素晴らしいゲストの面々に服を作ることは、すごく刺激的でした。


デザイン・アンド・クリエイティブディレクター、ペニーラ・ウォルファート H&M
 

「このメットガラのために服を制作する一瞬一瞬を我々は大切にしました。 ファッションは H&M が最も愛しているもので、こんな素晴らしいゲストの面々に 優れた技術とディテールで服を作ることは、すごく刺激的でした」と、H&M のデザイン・アンド・クリエイティブディレクター、ペニーラ・ウォルファートは言っています。

ファンタスティック・フォー、すなわちアナ・ウィンター、イドリス・エルバ、ジョナサン・アイブ、テイラー・スイフトの4人が主催する今回のガラで、ゲストたちは H&M のテーブルに座りました。 

歌手のシアラの手の込んだ斬新なドレスは、宝石細工の職人の手作業によるもので、リーフ形チェーンにスワロフスキーのクリスタルペンダントが付いています。 

歌手で女優のジェニファー・ハドソンは 3D のビューグルビーズ、フレンチノット、手作りスパンコールを施した、手織りの美しさが際立つホワイトのボディスドレスを着用。 

モデルのラッキー・ブルー・スミスはシルクのホワイトシャツと、オフホワイトのイタリアンウールを使ったスリムなタキシード、どちらもスワロフスキーのボタン留めで、ジャケットの肩幅がやや大きいシャープなスタイル。彼の姉のドレスは、手仕事と機械の技術を取り入れており、ビニールフェザーをレーザーカットしたフリンジを、シルクのチュールとスパンコールのボディスにすべて手で縫い付けています。 

環境に優しいファッションの活動家でモデルでもあるアンバー・ヴァレッタは、当然のようにサステナブルな素材で出来たドレスをチョイス。 彼女の濃いブルーのドレスはシルクタフタ地に、オーガニックシルクを手作業で裁断した 1,000 枚以上もの花びらと再生プラスチック製のスパンコールを手で縫い付けています。 

フィードに戻る
このページの先頭に戻る