ファッションエディターが語る、次のマストハヴがトラックスーツな訳

香港のファッション エディターであるジャスティン・リーのスタイルは、脱力クールとシックを見事にミックスしています。 彼女が H&M Magazine のためにお気に入りの H&M アイテムを選んでコーディネートしてくれました。

カリフォルニア生まれで、香港育ちのジャスティン・リーのスタイルは、カリフォルニア・クールと上品な香港シックが実にうまくミックスされています。 ファッションエディターを務めている Tatler HK のオフィスで涼んでいるときも、パリのファッションウィークでストリートスタイルを物色しているときも、ジャスティンは常に私たちのエブリデイ・アイコンです。 彼女のお気に入り H&M アイテムのコーディネートを、スライドショーでチェックし、どんなファッションの時代を過ごしてみたいのか見てみましょう。 

好きな デザイナーは? 
「エディ・スリマン」

決まったスタイルはある? 
「着ていてラクなもので、ちょっとボーイフレンドから借りたような感じのスタイル」

地球上で お気に入り の場所は? 
「今は、LA」
 

バスローブ姿でフェイスマスクをしながら、オンラインショッピングするのが好きなの


ジャスティン・リー
 

好きな 食べ物は? 
「多すぎて挙げられないわ… 私は無類のスイーツ大好き人間よ」

急いで出かけるとしたら、何を持って出る? 
「電話とリップバーム」

お出かけスタイルは? 
「Tシャツ、スキニージーンズにレザージャケット」

ファッションはなぜ重要? 
「自己表現の形だから」

時間旅行ができるとすれば、どのファッションの時代に戻りたい? 
「70'sはすごく楽しいわね」

絶対に手放したくないアイテムは? 
「Saint Laurent の月面着陸ジャケットと、Alaïa のシューズ」

絶対にやめられないファッションは? 
「バスローブ姿でフェイスマスクをしながら、オンラインショッピングするのが好きなの、でも行儀が悪いとは思ってないわ。ハハ」


アダム・カッツ・シンディグは、 Le 21ème のフォトグラファーです。Instagramはこちらからフォロー。 



ジャスティン・リー

LOCATION: 香港

WHAT: Hong Kong Tatlerのファッションエディター

INSTAGRAM: @justinelee425

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る