How ballet flats came to be

バレエシューズ誕生の経緯

デリケートな靴を履いていれば、この世界に軽い足跡を残すのは簡単。

その誕生の物語
ヒールはフォーマル過ぎる、スニーカーはカジュアル過ぎる。そういった場合のためにフラットシューズは考案されました。 少なくとも、私たちはそう信じることにしました。 バレエシューズは常にエフォートレスで履き心地が良く、シックな選択です。バレエシューズを履くだけで、フレンチスタイル(1920年代にココ・シャネルが始めたスタイルでジェーン・バーキン、オードリー・ヘプバーン、ブリジット・バルドーといったアイコニックな女性たちにより永遠のものとなりました)を体現できます。 

事実、ブリジット・バルドーには大いに感謝するべきでしょう。彼女は1956年、フランスのシューズブランドRepettoに、バレエシューズのように軽くて柔らかいけれどもう少しウェアラブルな靴を作って欲しいと頼みました。 「世界で最も美しい女性」から依頼を受けたブランドが、即座に快諾したのは言うまでもありません。 

本物のバレエシューズ(ご存知のように本物のバレリーナが使うものです)は何百年も前から存在していました。 しかし1950年代以前にレッスン場以外でバレエシューズを履くことは、2010年代に陸上競技場の外でスパイクを履くのと同じくらい奇妙なことでした。 だから「素直な悪女」(1956)で、赤いトラウザーとブルトンのトップスに赤いパテントのフラットを合わせ、大胆にストリートに持ち込んだブリジット・バルドーのお陰なのです。 バレエシューズは気軽なクラシックとなりました。

「素直な悪女」の公開から60年が経ち、キャットウォークのトレンドや一時的な流行にかかわらず、バレエシューズはタイムレスなファッションアイテムの定番となりました。 そうなった理由は簡単、一番履き心地の良い靴だからです!

バレエシューズを称えて、以下の編集部厳選リストからゲットしてください。

 

バレエシューズのモデルはララ・ミューレン (Premier Management)。 ヘアは Lok Lau (CLM) 、メイクは Anya De Tobon (Link Details) です。

SHOP THE STORY
フィードに戻る
このページの先頭に戻る