Pringle of Scotland x H&Mのコラボの舞台裏

Pringle of Scotland x H&Mのコラボの舞台裏

H&Mが世界で最も歴史のあるラグジュアリーなニットウェアブランドとチームを手組むと、ニットウェアのマジックが始まるのです。 Pringle of Scotland x H&Mのコラボの舞台裏をのぞいてみましょう。

H&Mのデザインチームが最初にニットウェアのコラボというアイデアを聞いたとき、すぐPringle of Scotland に思い至りました。 ブランドの特徴的なアーガイル模様とスポーティーなニットウェアの組み合わせには、ゴルフコースが似合います。1815年創業のPringleは、世界で最も歴史のあるラグジュアリーなニットウェアのブランドの一つとして有名です。

「スコットランドのハーウィックで始まった、つつましやかで控えめな原点からニットウェアの技術革新まで、ブランドの歴史にすっかり魅了されました」とH&Mニットウェアデザイナーのホリー・パーキンソンは言います。

「ロンドンのヴィンセント・スクエアにあるPringleのデザイン事務所でチームに会い、H&Mから最初のトレンドアイデアを提示しました。 続いてPringleの過去と現在のランウェイコレクションと、保存アイテムとイメージをいくつか精選して提示してくださいました。 私たちは気に入ったアイテム、様々なシルエット、ブランドの伝統的なパターンの数々を選んでストックホルムに戻り、デザインを始めました」

あるパターンが他より抜きんでていました。 アイコニックなアーガイルは、1920年以来ずっとPringle of ScotlandのDNAの一部だったのです。

「社内のプリントチームと一緒に、アーガイルの様々な比率と配色をリメイクしました。 ストリートウェアのスタイリングとスポーツの影響からインスピレーションを得て、クラシックなパターンを基に新しいデザインを発展させました。アシッドイエローをアクセントにして、コレクション全体をまとめました」とホリー・パーキンソンは言います。

コレクションのキーアイテムには、レトロなダイヤモンド柄とヘビーなリブウールを継ぎ合わせ、色と質感をパッチワークさせたシグネチャーなセーター、バルーンスリーブのクロップドタートルネックセーターなどがあります。 贅沢に分量を取ったオーバーサイズのローエッジセーターは、伝統的な糸に自信あふれる主張が注ぎ込まれています。 リングプルジップのニットワンピース、着心地の良いパーカ、ピッタリしたレギンス、スローチハット、スカーフにはすべてアスレジャー風のアスレチックなロゴがプリントされています。

プロジェクト進行中、H&Mデザインチームは Pringle of Scotlandと密に連絡を取り、 スケッチからサンプルに至るまで考えとアイデアを共有することができました。

「Pringle of Scotlandにはコラボの長い歴史があります。 今回のH&Mとの最新パートナーシップは非常に刺激的でした。 私たちは伝統的なニットウェアの DNAを表現する新しい方法を、常に探し求めています。当社独自のアーガイルとフェアアイルのニットウェアに加わったこの遊び心のあるスポーティーな感覚が、従来のお客様にも喜んでいただき、同時にH&Mを通して世界中のオーディエンスにも届くことを期待します」とPringle of Scotlandのブランドディレクター、ケイティ・ウォレスは言います。


Pringle of Scotland x H&Mコレクションはhm.comと限定ストアで10月3日から発売されます。

フィードに戻る
このページの先頭に戻る