アイス・アイス・ベイビー: ジュエリーのMust-Have 10選

ジュエリーのMust-Have 10選

ダークな季節にグリッターな輝きを。

手かせから解き放たれて
趣向を変えて、意外なものを付けてみましょう。 ここでは、ネックレスをブレスレットの替わりに。

ロングイヤリング
首の横から揺れるラインストーンの輝きよりグラマラスなもの? たぶんダイヤモンドでしょうけれど、対象外なのでラインストーンにこだわりましょう。 

パワー・ルック
自分自身をタイムレスでシックだと思う? その場合は、パワースーツにゴールドのマキシイヤリングと重ね付けしたリングを合わせれば最強。

パーティーは完璧
新年へのカウントダウンは始まっています。 リトルブラックドレス、エレガントなフラットシューズ、繊細なイヤリングで2020年代を迎えましょう。 

盛って盛って
控えめ? スクロールしちゃいましょう! この超グラマラスな装飾付きショルダーピースは、注目を集めるために作ったもの。

バサバサの髪?気にしないで。
超絶ファンシーなバレッタなら完璧だから、ヘアをスタイリングする必要はありません。 実際、触らないほうが雰囲気が出ます。 

Itベルト
ファッションでは80年代がカムバック。当然、大きなバックルのワイドなベルトが必要。

すぐに手の届く輝き
ジュエリーの付け方で遊んでみましょう。 ニカの小物使いをヒントに、ロールネックの上にチョーカーを付けてみて。

ブレア・ウォルドーフになりきって
装飾付きヘッドバンドで、ゴシップ・ガールになりきって — XOXO H&M Magzine編集部。

ミニクラッチ
現実的に考えて、機能とファッションは必ずしも成功しません。 時には、必需品だけが入るバッグが欲しいことも。中身はキー、クレジットカード、それから… ガラケー。


THE TEAM
PHOTOGRAPHER Alina Asmus
STYLIST Christina Ahlberg
HAIR & MAKEUP William Bartel | Artlist
MODEL Nica Mestres | The Claw Models

Shop The Story
フィードに戻る
このページの先頭に戻る